注文住宅│お金で失敗しない家づくり

費用削減のコツを徹底解説!

ハウスメーカー

大手ハウスメーカーの坪単価まとめ!家づくりの前に必ず知るべきお金の話

注文住宅を検討するならまずは各社ハウスメーカーの「資料集め」ですよね。

何も知らずに住宅展示場を訪れるのではなく、事前にハウスメーカーの情報を集めておき、価格帯や特徴などをしっかりと理解してから家づくりをスタートすることが大切です。

流れにまかせてモデルハウスを見学してしまうと、その後の家づくり計画が大きく崩れてしまうことが多々あるからです。

 

理想の家はイメージできているけど予算が分からず、どのハウスメーカーにお願いすればいいのか迷っている方も多いと思いますが、各社ハウスメーカーの坪単価が分かればおおよその総額が見えてきます。

そこでこの記事では、大手ハウスメーカーの坪単価と各社の特徴をまとめてご紹介します。

これから家づくりに取り掛かるという方はぜひ参考にしてみてください。

 

はじめに:坪単価はあくまでも目安です

坪単価とは費用総額 ÷ 建物面積(坪)から算出した1坪(約3.3㎡)当たりの金額を指します。

とても単純な計算方法ですが、実はかなり曖昧な点があります

例えば、

  • 費用総額に諸費用(登記費・税金など)が含まれているか?
  • 建物面積は床部分のみか?吹き抜け部分は計算されてる?

など、各社ハウスメーカーによって算出方法が微妙に異なることがあります。

詳しくはコチラ

 

同じ坪単価のハウスメーカー複数社に見積もりを取っても坪単価10万円以上の差異が出ることがあるので、あくまでも坪単価は目安という意識を持ってハウスメーカー探しをするのが良いでしょう。

 

また、ハウスメーカーを坪単価だけで決めるのは良くありません。

A社は理想的だけど高そうだから坪単価が10万円安いB社にしようかな、と思っても総額が同じであればA社でも問題ありませんよね。家の間取りや使う部材によって住宅の費用は大きく変わってくるので、坪単価が高いという理由だけで理想のハウスメーカーを諦めるのは絶対に損です。

 

理想のハウスメーカーを見つけるために

タウンライフでは希望予算と要望を伝えるだけで、複数社ハウスメーカーから”一括”で住宅プランの提案を受けることができます。
同一価格で“相見積もり”ができる点など利用者は累計112万人を超え、多くのユーザーに支持されている注目のサービスです。

タウンライフ公式サイト >>

 

ハウスメーカーの坪単価一覧

大手ハウスメーカーの坪単価をまとめるとこのようになります。

ハウスメーカー坪単価構造施工対応エリア
積水ハウス70〜90万円木造軸組、鉄骨全国(沖縄を除く)
三井ホーム80〜90万円2×4、2×6全国(沖縄を除く)
住友林業70〜90万円木造軸組全国(沖縄を除く)
ヘーベルハウス80〜90万円重量鉄筋、鉄骨軸組関東、東海、関西、中国・西日本の一部
ダイワハウス60〜80万円木造軸組、軽量・重要鉄骨全国(沖縄を除く)
ミサワホーム60〜85万円木質パネル、鉄骨ラーメン全国(沖縄を除く)
パナソニックホームズ70〜80万円軽量・重量鉄骨、木造パネル全国(北海道を除く)
セキスイハイム65〜80万円鉄骨ユニット全国(沖縄を除く)
トヨタホーム60〜75万円鉄骨ラーメン、鉄骨ユニット全国(北海道・沖縄を除く)

最大手と呼ばれる積水ハウスを筆頭に、三井ホーム、住友林業、ヘーベルハウスは他社よりも坪単価が高い傾向にあるのは事実です。

坪単価を見る上で注目したいのが◯◯〰◯◯万円と金額の範囲があること。

これはあくまでも平均額を表した数字でしかなく、豪華絢爛な家を建てれば坪単価100万円を超えることもあります。

ただし、最低額はほぼ正確な値と考えて間違いないので、これからハウスメーカー選びをしている方はこの下限の額を参考にするのが良いと思います。

 

大手ハウスメーカーの特徴まとめ

次に、上記で紹介した大手ハウスメーカーそれぞれの特徴についてまとめます。

各社の特徴を比較することで「どんな商品があるのか?なぜ坪単価が高いのか?」が少し見えてくるかもしれません。

公式サイトのリンクも貼っていますので合わせて参考にしてみてください!

 

積水ハウス

住宅着工棟数が業界No.1のハウスメーカーとして頭一つ抜き出ているのが積水ハウスです。

豊富な資金で行われる開発研究から最先端技術を生み出し、シャーウッドをはじめとする木造住宅から鉄骨住宅まで幅広い商品ラインアップがありますが、実は100%自社の子会社によって施工が行われるため、現場の大工さんらの声を吸い上げ、家を建てる施工力が強いのも魅力のひとつです。同時に完成後のアフターフォロー体制も整っており、定期点検では業界内でも満足度の高い評判を得ています。

積水ハウスでは「邸別自由設計」という、環境・風土・家族構成など一人ひとりのライフスタイルに合わせたオリジナルの家づくりを実現することを重要視しています。木造住宅シャーウッドを軸に陶版外壁ベルバーンや、免震システム「SHEQAS(シーカス)」など長年研究されてきた独自の商品により強靭な住宅を約束しています。

【公式】積水ハウス

 

三井ホーム

三井ホームは顧客の要望を実現する高い技術力を持ったハウスメーカーです。

2✕4工法を取り入れたリーディングカンパニーでもあり、洋風デザインを得意とするメーカーとして知られています。また、独自の「PREMIUM MONOCOQUE(プレミアム・モノコック構法)」は震度7の揺れに連続60回も耐えられる耐震性を実現。さらに「Smart Breeze(スマートブリーズ)」テクノロジーという高性能フィルターで家中を常に換気し続け、花粉やカビの胞子を一掃する技術を持っています。

坪単価こそ高いですが、結果的にコストパフォーマンスも高く、結果としてクレームが少ないハウスメーカーとして定評があります。

詳しくはコチラ

 

住友林業

住友林業は木造住宅のトップメーカーであり、「住林(すみりん)と言えば最強の木造住宅」と業界で認識されているほどです。

最も特徴的なのが、一般的な柱の5倍以上の柱を使った「ビッグフレーム構法」により最小限の柱で広々とした空間を作れるの自由設計の高さ。木造ならではの耐震性や断熱性にも優れ、国産の木材を使った頑丈な家づくりをしています。アフターサービスの充実度の高さに加え、ハウスメーカーならではの資金面のトータルサポートもあり安心です。

「木造の家」にこだわる方なら住友林業は必見です。

詳しくはコチラ

 

旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)

ヘーベルハウスは抜群の耐久性と災害に強い家として認知している方が多いかと思います。高級住宅として知られていることから、ヘーベリアンと呼ばれるヘーベルハウスを愛好する方がいるほどです。

重量鉄筋と鉄筋コンクリート基礎、ALC外壁(軽量気泡コンクリート)を使い、他のハウスメーカーとは全く異なる躯体を持っているのが特徴。近年は外壁をつなぐ防水シールの技術向上により、外壁塗装や防水性能などの初期保障が30年に延長され、30年目の集中メンテナンスをすることで60年を超える耐久性を維持できる家として設計されています。

また耐震構造「ハイパワード制震ALC構造」は地震による揺れを約1/2まで低減し、防火性の高い外壁は万が一近所で火事が置きたとしても消防車がヘーベルハウスは後回しにすると言われるほどの防火性能を持っています。

へーベルハウスは立体的な空間を作ることが得意とし、限られた土地を最大限に活かす間取り作りをオーダーできるのも特徴のひとつ。耐久性と安全性を優先している方は必見のハウスメーカーです。

詳しくはコチラ

 

ダイワハウス

注文住宅業界ではNo.2のダイワハウス。

近年では商業施設や賃貸アパート建築に勢いを取られている感は否めないが、注文住宅では「xevoΣ‎(ジーヴォシグマ)」に力を入れており、2m75cmの開放感のある天井高が魅力の商品。CMでお馴染みの方も多いと思います。少ない柱で広い空間を実現するために独自のエネルギー吸収型耐力壁「D-NΣQST(ディーネクスト)」を採用し、自由度の高い間取りと「高さ・強さ」の両立を兼ね備えた家づくりができます。

また最近ではIoTにも力を入れており、ネット技術を使ってより暮らしやすいライフスタイルを提案しています。

詳しくはコチラ

 

ミサワホーム

木質パネル構法では業界No.1メーカーのミサワホームは、企画型住宅が豊富で価格帯も幅広く予算に合わせた家づくりがしやすいメーカーです。

また、住宅デザインに強いメーカーとしても知られ、都市型住宅のデザインを中心にモダン住宅から和風住宅からまで幅広く対応し、30年連続グッドデザイン賞を受賞するなど住宅業界で随一の実績を誇っています。ミサワホームは「蔵のある家」を推奨しており、通常の収納スペースは家全体の10%程度は必要とされているのに対し、30%以上を収納面積に当てられる設計が可能であるため、保管のしにくい季節用品やレジャー用品をゆったりと収納することが可能です。

この「蔵」の設計は12種類のパターンが用意されているため、住宅に合わせた無駄のない収納スペース作りを提案してもらえるのも特徴です。また、エネルギー自家発電の最先端企業でもあり、ゼロエネルギー住宅やIoTなどの付加価値が高い家づくりも得意としています。ミサワホームは良くも悪くもハウスメーカーらしい企業でもあるため、間取りプランや見積もりを作ってもらう基準のハウスメーカーとして考えても良いでしょう。

詳しくはコチラ

 

パナソニックホームズ

2017年にパナホームからパナソニックホームズへ社名変更、さらにトヨタホームとミサワホームとの合併で更なる飛躍が期待できるハウスメーカー。

大手電機メーカー、Panasonicの子会社であることから「IoT」技術の高さは頭ひとつ抜けており、住宅設備にインターネットを使った最新技術が充実しているのが最大の特徴です。
また、重量鉄筋構造を生かした強さと自由設計は、業界最小の15cmモジュール(15cm単位で設計できる)を採用しており、限られた土地に対して最大限に建物を活用することができます。一般住宅のみならず3〜9階建てや、店舗供用住宅も得意としています。

アプターサービスとして、住宅ローンの完済まで建物の初期保証が続く『35年あんしん初期保証』は業界内最長となっていますし、他のメーカーと比較する上でもパナソニックホームズは必見の価値ありでしょう

詳しくはコチラ

 

セキスイハイム

セキスイハイムは最大手メーカー積水ハウスとは全くの別の会社です。

建築の大部分を工場生産する鉄骨ユニット構法を採用しており、ほぼ完成されたユニットを建築現場に運んで組み上げるため、家の躯体はほぼ一日で完了します。ユニット工法は、建築中に気になるの雨天や台風などの気象条件を気にしなくていいことと、工場生産による徹底的な品質管理によって品質にバラつきがないことがないことがメリットです。また、外壁はLIXIL製の磁気タイルを使っているため、その後の外壁メンテナンスが不要な点も見逃せません。

ソーラー発電と蓄電池を使ったスマートハウス「スマートハイム」や、あったかハイムでお馴染みの冷暖房+除湿+換気システムで部屋を常に適温に保ち、四季に影響されにくい家づくりを提供しています。鉄骨ユニットの品質と高い技術力に定評のあるハウスメーカーと言えるでしょう。

詳しくはコチラ

 

トヨタホーム

トヨタホームはトヨタ自動車の住宅部門から独立(2003年)したハウスメーカーです。愛知県では高い知名度を誇り、売上全体の30%を占めていますが、北海道・沖縄を除く全国でチェーン展開されています。

トヨタホームの強みは何と言っても、最新の自動車製造技術で培った世界トップクラスの鉄骨技術を住宅にそのまま活かしている点です。柱は業界で最も太い125mmの柱は木材の4倍の強さを持ち、接続部分に変形防止プレート(ダイアフラム)を使うことで通常の溶接の35倍の強度があるため、地震の揺れに対して圧倒的に強い躯体であることが特徴です。また、20年間サビが発生しない鉄加工処理がされているのもトヨタの技術の賜物です。

工場生産率は85%と非常に高く、品質にほとんどバラつきが出ないのもメリットです。全館空調システム「スマート・エアーズ」はスマホとHEMS(ヘムス)を連動させて、外出中でも自由に室内空調をコントロールすることが可能です。

さらにトヨタホームでは60年長期保証という業界でも最長の保証サービスを提供しており、鉄骨ならではの生涯設計で安心して住み続けることができます。

詳しくはコチラ

 

複数の住宅メーカーに設計図・プランを一括オーダーできる

なぜハウスメーカーを選ぶのか、そのメリットを知る

注文住宅を大きく分類すると「ハウスメーカー」「工務店」「建築事務所」の3つに分けることができます。

それでもなぜハウスメーカーを選ぶのか?という疑問に対して明確に答えられる方は多くありません。

ハウスメーカーで建てるメリットを簡単にまとめてみます。

ココがメリット

  • 倒産リスクが極めて少ない
    → 地元工務店に比べて圧倒的に資金力があるのがハウスメーカーです。倒産リスクが少ない=アフターサービスの長期保証を受けられるのがメリットです。
  • 住宅ローンを借りやすい
    → 通常は銀行へ出向いて手続きを行う住宅ローンも、大手ハウスメーカーならローンが組めるかどうかの対応から実際の手続きまで全て代行してくれます。
  • 工事期間が短い
    → 気象条件に影響される期間が短い点や、建て直しの場合は仮住まいする期間が短くて済むのがメリットです。
  • 工場生産など品質が安定しているメーカーが多い
    → 工場の生産ラインでmm単位に製造されるなど、現場建築に比べて圧倒的に精密さが高いのがハウスメーカーがあります。特に鉄骨ユニットの場合は工場建築→現場組立てになるため、建物の躯体はほぼ1日で工事完了するというメリットがあります。
  • アフターサービスの期間と充実度
    → ハウスメーカーにしかできない長期保証は災害時などで問題があっても安心できるのが強みです。

 

このように、ハウスメーカーは建てる→暮らすまでに至って安心感が高いことが大きなメリットとして挙げられます。

 

 

ハウスメーカー選びの大事なポイント

次にハウスメーカーを選ぶ上で大事なポイントをまとめます。

夢に満ち溢れた注文住宅ですが、以下の内容に基づいて頭の中を整理してみると自分に合ったハウスメーカー選びができるかと思います。

 

理想の家のイメージを探す

住宅展示場のモデルハウスはどのメーカーも良く見えてしまいますが、ほとんどのモデルハウスは一般住宅の2倍の広さで、金額も2倍以上になる豪華絢爛な仕様になっています。

ですので、より自分らしい家を探すならネットで画像検索するのも有効な手段です。

 

今まで描いていた理想の注文住宅へより近づけるためにも、家の雰囲気や間取りのアイディアをストックしておくことはとても大切です。

参考サイト

 

予算内で収められそうなハウスメーカーを探す

ハウスメーカーが作る見積書は「希望予算+α」の金額を提示してくることがほとんどです。

坪単価の高いハウスメーカーであれば、こちらの予算を気にせずに強気な見積書を提示することもありますし、それが無理なら家のサイズを小さくするなどして予算を下げる提案をしてくることもあります。

そこで大切なのが"最初の時点では予算を妥協しない”ということです。

セースルトークにそのまま乗ってしまうと「確かにこれくらい予算を上げて考えたほうがいいかもしれない・・・。」と迷いが生じてしまうことがありますが、ハウスメーカー選びの前半戦から予算を上げて考えるのはとても危険です。

なぜなら、初回の見積もりから最終見積りに至るまでの打ち合わせで総額費用は増え続けていきます。

住宅部材を変えたり、間取りを変えたり・・と、注文住宅らしく自分の理想に仕様を変えると費用も上がりますし、外壁の種類を変えようものなら100万円単位で変わることもあります。

ですので見積書を作ってもらうなら"同一予算で複数社に見積もりを作ってもらう”のが鉄則です。

予算が違えば他社との比較もできないですし、予算を無視したプランを何度も提示してくるなら担当者がハズレだったと判断することもできます。

 

また、初回の見積もりで何が含まえれているのか確認しておくことも大切です。

建物費用の他に含まれている項目はメーカーによって異なるため必ず確認しておきましょう。

関連記事

 

複数社から見積もりと間取りプランを取る

注文住宅は必ず複数社から見積もりを取って比較することが大切です。

坪単価の近いハウスメーカー同士であれば、相見積もりしていることで大幅な値引きやキャンペーンの適用も期待できます

数多くの見積もりと間取りプランを取ることにデメリットは一切ありません。

各社の見積もりから坪単価も明確に分かれば、A社の間取りをベースにB社に依頼することもできるため、理想の注文住宅に近づけるためには相見積もりが最も有効的な手段と言えます。

複数の住宅メーカーに設計図・プランを一括オーダーできる

 

さいごに

大手ハウスメーカー各社の坪単価とそれぞれの特徴、さらに見積もりを依頼する方法をご紹介しましたが参考になりましたでしょうか。

これから注文住宅の購入を検討している方にとって、お役に立てる記事でしたら光栄です。

 

理想のハウスメーカーを見つけるために

タウンライフでは希望予算と要望を伝えるだけで、複数社ハウスメーカーから”一括”で住宅プランの提案を受けることができます。
同一価格で“相見積もり”ができる点など利用者は累計112万人を超え、多くのユーザーに支持されている注目のサービスです。

タウンライフ公式サイト >>

 

理想的な注文住宅を建てるために

住宅メーカー複数社にオリジナルの間取り・設計図・見積もりプランを一括依頼!

複数の住宅メーカーから「間取り・設計図・見積もり」を無料で一括オーダーでき、約3分で依頼は完了。
注文住宅を検討する中で、プランや予算でお困りの方は“相見積もり”を活用することで大幅な金額ダウンも見込めます。数多くの設計図や見積もりを比較するならタウンライフ家づくりが最もオススメです。

-ハウスメーカー
-

Copyright© 注文住宅│お金で失敗しない家づくり , 2019 All Rights Reserved.