注文住宅│お金で失敗しない家づくり

費用削減のコツを徹底解説!

住宅コラム

1坪は何平米?何畳?超分かりやすく解説!

新しい家を買う時、基本の知識である「坪」の意味。

「1坪」は「約3.3㎡」

ですよね。

しかし、実はこの坪。計量法により建物の取引・証明において坪の使用は禁止されているんです。

正式には平方メートル(㎡)の単位を使わなくてはなりません。

坪は不動産における正式な単位として使えません

原則として不動産の売買契約書などでは坪数は表記されておらず、住宅広告やチラシ・パンフレット等で坪数が表記される場合は、坪数+(平方メートル)が括弧書きで表示されているはずです。

つまり、正式な単位ではないのにも関わらず、不動産の面積を表すときにこの「坪」がよく使われているのが現実です。

なぜこのようなことになっているのでしょうか。

この記事では、そんな「坪の基礎知識」「坪が使われ続けている理由」について解説したいと思います。

これから住宅の購入を考えている方は必ず覚えておいてくださいね。

住宅メーカー複数社にオリジナルの間取り・設計図・見積もりプランを一括依頼!

複数の住宅メーカーから「間取り・設計図・見積もり」を無料で一括オーダーでき、約3分で依頼は完了。
注文住宅を検討する中で、プランや予算でお困りの方は“相見積もり”を活用することで大幅な金額ダウンも見込めます。数多くの設計図や見積もりを比較するならタウンライフ家づくりが最もオススメです。

「1坪」は何平米?何畳?

「1坪=約3.3㎡」です。

この認識を持っていれば問題ありませんが、より正確な数値ですと1坪は3.30578…㎡となっており、そのサイズは約2畳分です。

坪/平米/畳

1坪=約3.3㎡=約2畳

坪/平米/畳

1坪=約3.3㎡=約2畳

一覧にするとこのようになります。

平米(㎡)
1坪3.31㎡約2畳
5坪16.52㎡約10畳
10坪33.05㎡約20畳
15坪49.58㎡約30畳
20坪66.11㎡約40畳
25坪82.64㎡約50畳
30坪99.17㎡約60畳
35坪115.70㎡約70畳
40坪132.23㎡約80畳
45坪148.76㎡約90畳
50坪165.28㎡約100畳
60坪198.34㎡約120畳
70坪231.40㎡約140畳
80坪264.46㎡約160畳
90坪297.52㎡約180畳
100坪330.57㎡約200畳

 

「坪」とは何か?

「坪」は尺貫法の単位である

尺貫法(しゃっかんほう)とは、古来から日本で用いられていた長さ・面積などの単位のことです。

日本古来の計量法である、

  • 尺(しゃく)・・・長さ
  • 貫(かん)・・・質量
  • 歩(ぶ)/坪(つぼ)・・・面積
  • 升(しょう)・・・体積

を使って計算する度量衡法のことで、日本では計量法により1958年12月31日限り(土地と建物の計量については1966年3月31日限り)で取引・証明に尺貫法を用いることは禁止されています。

ではなぜ、正式な取引では禁止されている数値であるにも関わらず、現在でも使われているのでしょうか。

 

坪は単位のキリが悪いため、現在も使われているのが理由

古来より尺貫法を使って面積を算出する場合、

田畑・山林の面積では

  • 町(ちょう)/反(たん)

宅地・家屋の面積では

が使われていました。

 

一町は1ha(ヘクタール)、一反は10a(アール)に数値が近いため、メートル法(1891年(明治24年)に尺貫法と併用する形で導入)へ換えられました。

ところが、坪は1坪=3.3平方メートルと単位のキリが悪いため、現在も使われ続けているというのが理由です。

1坪は約3.3平方メートル、1平方メートルは約0.3坪です。

坪はキレイに割り切れない単位なんです

土地単価の高い都心部などでは、坪と平方メートルの換算で出たわずかな誤差が大きな金額の差となってしまいます。

ですので、購入したい土地などの正しい面積を把握するのであれば

平方メートルで算出しましょう

ということが大事です。

坪はあくまでも目安と考えてよいでしょう。

 

まとめ

以上が、坪に関する基礎知識になりますが、不明だった点がお分かりいただけましたでしょうか。

坪数を把握しておくことは、これから住宅の購入を検討している方にはとても大切なことですので必ず覚えておきましょう。

 


 

理想のハウスメーカーを見つけるためには?

希望の予算をもとに、効率的にハウスメーカーを見つけるためには

『複数社から同一価格で見積りを提案してもらう』

のがベストでしょう。

 

限りある予算内で作れるプランを複数社に提案してもらい、その中からベストなプランを提案してくれるハウスメーカーを選ぶのが最も効率的です。

最良のパートナーを探すために、まずは予算内で家づくりができるかどうかの判断をしなければなりません。

 

そこで注目すべきがタウンライフというサービスです。

複数社に一括見積りと間取りプランをオーダーすることができて、希望予算と要望を記入するだけで地域に対応した住宅メーカーや工務店からプランの提案を受けることができます。

 

タウンライフの最も魅力的な点は、同一価格でプランの見積りができるということです。

希望価格と見積り書ができるということは、その後に決めたハウスメーカーとの打ち合わせでも+αの売り込みをされる心配がなく、スムーズに家づくりを進めることができます。

提携している住宅メーカーや工務店の数は全国600社以上も登録されているので、希望エリアに対応した理想的な住宅メーカーが見つかりやすいのもポイント。

 

さらにタウンライフを利用しておくべきメリットは、見積もりや間取り図が貰えるだけではありません。

  • 知らなかった住宅メーカーや工務店に出会える
  • 見積り書がもらえるので費用の中身が見える
  • 各社の違いが一度に比較できる
  • 一社一社に直接出向いて打ち合わせをしなくて良い
  • 営業マンの売り込みを避けられる
  • 各社の間取りプランのいいとこ取りもできる

と、今後の家づくりにおいて良い影響を受けることが多々あります。

 

タウンライフは気軽に利用できる無料サービスですので、注文住宅を検討している方はご利用してみてはいかがでしょうか。

タウンライフ公式ページ >>

 

理想的な注文住宅を建てるために

住宅メーカー複数社にオリジナルの間取り・設計図・見積もりプランを一括依頼!

複数の住宅メーカーから「間取り・設計図・見積もり」を無料で一括オーダーでき、約3分で依頼は完了。
注文住宅を検討する中で、プランや予算でお困りの方は“相見積もり”を活用することで大幅な金額ダウンも見込めます。数多くの設計図や見積もりを比較するならタウンライフ家づくりが最もオススメです。

-住宅コラム
-

Copyright© 注文住宅│お金で失敗しない家づくり , 2019 All Rights Reserved.