事前準備

住宅の間取り作成で使える「フリーソフト/有料/WEBツール/アプリ」のおすすめを厳選して紹介します

注文住宅で最も重要なのが間取り図です。

そんな間取り図を自分の理想のイメージで作り、それを元にした自宅が完成したら最高ですよね。

そんなことを可能にするかもしれないのが「間取り作成ソフト」です。

 

間取り作成ソフトは、無料で使えるものから高機能で使いやすい有料ソフトをはじめ、近年ではWebブラウザ上で作れてしまう便利なツールやスマホアプリまで数多く取り揃っています。

選択肢が多いためどのソフトを使うべきかとても迷うと思いますが、この記事では「無料/有料/WEBブラウザ/アプリ」とジャンル分けして本当にオススメできる間取り作成ソフトを厳選して紹介します。

古めかしくて使いづらそうなソフトは省き「これは初心者でも使いやすい!」とオススメできるソフトを厳選しています。

これから注文住宅を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

 

まずは今回紹介する間取り作成ソフトを一覧でまとめます。

カテゴリ名称無料有料対応OSアプリ対応
無料ソフトせっけい倶楽部-Windows-
有料ソフト3Dマイホームデザイナー-Windows-
Webブラウザマイホームクラウド (WebCAD)--
Floor planner--Android
Homestyler Interior Design--iOS,Android
アプリ間取り Touch+--iOS

 

[無料]間取り作成ソフトのおすすめ

PCで作れる間取り作成ソフトをご紹介します。

無料・有料問わず対応OSはWindowsのみのため、Macユーザーの方はスキップして次の項目▼[無料]WEBブラウザ上で作れる間取り作成ツールから読んで下さい。

 

せっけい倶楽部

無料だけど高機能!間取り作成フリーソフトの決定版です。
対応OS:Windows

無料の間取り作成ソフトの定番と言えば「せっけい倶楽部」。

見やすいインターフェイスはシンプルで分かりやすく、敷地、壁、部屋、柱、屋根、家具などをパズル感覚で組み上げて家の間取りを作ることができます。

作成した間取りは3DCGでリアル再現。

操作で困ってもオンラインマニュアルが豊富なので、ひとつひとつクリアしていけば理想の間取りが作れます。

また、公式ページでは一般の方が設計した投稿作品が見れたり、作成した間取りデータをダウンロードすることも可能です。

他にもイエスマイハウス2020など無料の間取り作成ソフトは多数ありますが、更新が止まっていたり最新のOSに対応していないケースが多いので、無料ソフトなら「せっけい倶楽部」で決まりでしょう。

 

 

[有料]高機能な間取り作成ソフトおすすめ

本気で自分が設計した家を建てたいとお考えの方なら有料ソフトを使うのが良いでしょう。

無料ソフトとは違って豊富なマニュアルや対応サポートの充実度が高く、さらにはSNS共有機能で他のユーザーから意見をアドバイスしてもらえるなど、素人でも完成形に近い住宅を作れてしまうのがメリットです。

 

3Dマイホームデザイナー12

間取り図作成で出来ないことはないほど機能が充実しています。
対応OS:Windows

MEGASOFTの「3Dマイホームデザイナー」シリーズの中で、一般ユーザー用として展開されているのが「3Dマイホームデザイナー12」。

新築・リフォームのための間取り作成デザインソフトとして65万本以上のセールスを挙げているソフトウェアです。

有料ソフトならではの使いやすさはドラッグ&ドロップで間取り作成が自由自在。間取り図から3Dシミュレーションも可能です。

有名メーカーの実在商品をはじめ、ドアや窓、キッチン、壁紙など3Dデータやテクスチャが約10,000点収録。(※住宅素材DLサイト「データセンター」には50,000点以上の素材を6ヶ月間無料利用可能)

無料ソフトと大きく異なるのは、間取り図のみならず耐震性、太陽光発電量チェック、収納スペース診断、日当たりチェックなど様々なツールが用意されている点です。

またFacebookの「3Dホームデザイナー家づくり広場」では、SNSで間取り図を共有することで、家づくり経験者やプロの意見が聞けるのも特典の1つです。

実際に3Dマイホームデザイナーを使って、ご自分で作られた設計図を元に家づくりをされた方も数多くいらっしゃいます。家具配置のためにソフトを利用している方も多いですね。理想の住宅イメージを作成しやすく、家族や住宅メーカーとイメージを共有しやすいのがポイント。使い方ガイドブックの内容も充実しており、素人の方でも十分に使えるソフトです。

 

 

[無料]WEBブラウザ上で作れる間取り作成ツール

次にインターネットWEBブラウザ(Chrome、Safariなど)で間取りが作れるツールをご紹介します。

ダウンロード不要ですぐに間取り作成に取りかかれる手軽さと、ネット環境下ならログインするだけでPCを問わずに作れるのもメリットですね。

また常にアップデートされた最新状態でツールを使うことができるので、インターフェイスが古くて使いづらいなんてこともありません。

今ではWEBブラウザ上で作れるツールが主流となりつつあります。無料でも間取り作成に十分な機能を装備してるのが特徴です。

 

マイホームクラウド(WebCAD)

簡単操作で誰でも簡単に図面作成ができる高性能WEBツールです。

株式会社マリエッタが運営するマイホームクラウドの「WebCAD」。PC・タブレット・スマホにも対応しておりMacでも操作が可能です。

パズル感覚で専門知識なしでも簡単!操作性やスピードも問題なく快適に図面を作成することができます。

作った平図面はリアルタイムで3D表示に切り替えられ、建物全体を瞬時に確認することも。

外観スタイルも「モダン」「日本風」「北欧風」など8パターン用意され、気軽に外観を変えることもできます。

住宅設備や家具などインテリアのシミュレーションもでき、さらに内観をウォークスルーで体感することができる高機能付きです。

図面はミリ単位での調整が可能。そのため購入予定の家具を正確に配置してシミュレーションすることもできるので、使い方を覚えておくと便利かもしれませんね。

▶︎ マイホームクラウド (「新規図面作成」よりWebCADが起動します)

WebCADは実際に営業マンが使っている図面作成ツールのひとつ。手軽に、簡単に、正確な間取り作成をしたいならWebCADがおすすめです。

 

Floor planner

リアルなレンダリング機能により、作成した間取りが理想的な家に見える素晴らしいソフトです。

こちらのFloor plannerもドラッグ&ドロップで感覚的に使うことが出来る便利なツールです。

特筆すべきは完成図がかなりリアルに表現されること。1クリックで自動的にライブラリから家具や観葉植物などを配置して飾ってくれたり、150,000以上の3Dモデルを自分で選んで部屋を飾ることもできます。

ものの数分で自分が作った間取りからは想像できない素晴らしい画像が作成できるのがFloor plannerの魅力です。

初心者からCAD経験豊富なユーザーまで満足できると思います。

有償版もありますが、自宅の間取り作成なら無償版でも十分対応が可能です。

Floor plannerはchromeの拡張機能(※「Create the FloorPlan」で検索)やGoogleドライブのアプリを追加からも使うことができます。

▶︎ Floor planner

▶︎ 操作マニュアル:PDF

▶ YouTube:Floor Planner チュートリアル

海外で人気のFloorplannerは英語版ですが、Google Chromeなら右クリック→日本語に翻訳するとほぼ日本語版として使うことが可能です。

 

Homestyler Interior Design

簡単に間取りを作れて想像を超えるリアルな画像を提供!日本語対応もできています。

3DCGソフトウェアの代表的メーカーAutodesk社による間取り作成ツールの「Homestyler Interior Design」。

Autodeskと言えば、映画や映像・ゲームなどの3DCGや、建築系CADソフトなど数多くのソフトウェア市場を独占している大手メーカーですが、この「Homestyler」は素人でもパズル感覚で間取り作成ができる使いやすいように設計されています。

そんなメーカーのツールを無料で使えるんです。

「Homestyler」の良さは3DCG技術の高さによる圧倒的な映像技術。

通常の立体図表示ができるのはもちろん、図面内にカメラを置いて部屋の中を高画質撮影(レンダリング)することが可能で、そのクオリティは間取り作成ソフトのレベルを遥かに超えています。

ライブラリには本物の家具が取り扱われており、配置すれば数クリックでこのような画像が作成できるのが魅力です。

▶︎ Homestyler Interior Design

▶︎ Homestyler Mobile(スマホ・タブレット版)

難しそうに見えて実は簡単に使えるのが「Homestyler」。理想の家のイメージをより美しく表現したい方におすすめです。

 

 

[無料]アプリで作れる間取り作成ツール

自宅にPCがないという方でも安心なのがスマホやタブレットで間取り作成ができるアプリ。

すでに上記で紹介した「Floor planner」や「Homestyler Interior Design」もアプリ対応していますが、ここで紹介したいのがアプリのみに特化したツール。

スマホを使って通勤電車の中で間取り作成ができますし、電車に乗っていることを忘れてしまうほど夢中になれるのではないでしょうか。

 

間取り Touch+

手軽だけど本格的な間取りが作れるスマホ専用アプリです。
対応OS:iOS

「間取り Touch+」はタッチ操作で間取り図を作成し、各部屋ごとに細かい編集をすることができます。

サイズの変更や配置は1mm単位で調整ができ、壁を含めた外寸から内寸まで細かい設定に対応しています。

リストから部屋のタイプや設備パーツを選び、作成した間取り図面にドラッグ(または数値入力)で簡単に配置。

スマホで作れるという点から、スキマ時間を有効活用して間取りをすれば理想の家づくりに役立つかもしれません。

また、スマホ専用に作られた間取り作成ソフトということから、操作感を含めてとても使いやすいと思います。

スマホで間取りを作りたいという方は必見のアプリですね。ただしiPhoneのみ対応というのが残念なところ。

 

 

【注意点!!】素人でも間取り作成は簡単だけど構造設計まではできない

これらの間取り作成ソフトやツールを使えばほぼ完成形に近い家づくりをすることが出来ますが、構造計算や耐震性など建築基準法に関する項目は素人ではできません。

間取り作成ソフトは、あくまでも家族や建築士と共有するためのイメージづくりであり、最終的には住宅メーカーや建築士に作成してもらう必要があります。

 

実際に間取り作成ソフトに取り掛かった方の多くは、

  • ツールを覚えるのに時間が掛かってしまった・・・
  • 理想のLDKを作ったが、柱の不足など建築基準を満たしていない間取りだった・・・

など、最初からプロに頼んでおけば良かった・・・と意外に後悔する方が多いのも事実です。

間取り作成ソフトでイメージを作り住宅メーカーなどへ持ち込みたい方は、ある程度本気で取り掛かる覚悟を持ったほうがいいでしょう。

でないと無駄な時間を費やすことになってしまいますからね。

 

はじめからプロに間取り図を依頼するなら、複数社にまとめて住宅プランのサービスを受けられる「タウンライフ」がおすすめです。

無料で間取り作成をプロに依頼できるサービス

タウンライフではハウスメーカー・地元工務店を選び、「間取り図、見積もり、住宅プラン」を複数社に無料一括依頼できるというサービスを受けることができます。

提携している住宅会社は全国600社以上もあり、すでに利用者は112万人を超えているという注目のサービスです。

一社一社個別に依頼する手間が省ける上に、同一価格で見積りを作ってもらえるのが何よりも大きなメリットです。

複数社を比較するならこのサービスを利用しない手はありません。

詳細はこちら >>

 

タウンライフに間取りを依頼するとどうなる?

約1週間程度で各社から住宅プランの提案書が郵送されます。

  • 間取り図
  • 見積もり
  • 住宅プラン
  • 小冊子「成功する家づくり7つの法則」

通常なら住宅展示場へ行き、1社から間取りを作ってもらうだけでも1ヶ月は掛かることろですが、一度に複数社から間取り図を貰えるのはネットならではの強みですね。

 

また、住宅展示場などで営業マンを顔を合わせるのとは違い、しつこい営業電話などがないのもメリットです。

※メールは届きますが、住宅メーカーによっては営業担当者からお電話が来るケースもあります。

複数社から間取りを提案してもらいたい方や、住宅メーカーを絞りたい方にはぜひ活用してみることをオススメします。

詳細はこちら >>

 

まとめ

以上で、間取りを作るソフトの紹介を終わりますが、これから注文住宅を建てようとお考えの方のお役に立ちましたでしょうか。

まずは無料で手軽に使えるWEBブラウザ系のツールを試してみて、動作などに不満があれば無料ソフト→有料ソフトの順に使ってみるとよいと思います。

今回はどれもオススメできるソフトですので、ひとつでもご自身に合うものが見つかれば光栄です。

理想的な注文住宅を建てるために

住宅メーカー複数社にオリジナルの間取り・設計図・見積もりプランを一括依頼!

複数の住宅メーカーから「間取り・設計図・見積もり」を無料で一括オーダーでき、約3分で依頼は完了。
注文住宅を検討する中で、プランや予算でお困りの方は“相見積もり”を活用することで大幅な金額ダウンも見込めます。数多くの設計図や見積もりを比較するならタウンライフ家づくりが最もオススメです。

-事前準備

Copyright© 注文HOUSE , 2019 All Rights Reserved.