注文住宅│お金で失敗しない家づくり

費用削減のコツを徹底解説!

事前準備

初めて住宅展示場に行くときの注意点は「時間の使い方」!

投稿日:

初めて住宅展示場に行く方に知ってもらいたいのが“時間の使い方”です。

何も分からずに、とりあえず気になるハウスメーカーを見学してみようとお考えではないでしょうか。

住宅展示場には複数社のモデルルームがあるため、できるだけ多くのハウスメーカーを見て回りたいと思うのが普通です。しかも限られた週末の時間のなかで、お子様連れのご夫婦も多くいらっしゃるかと思います。

ところが、モデルルームを見学するというのは“とても時間が掛かる”ものです。

1社あたり1〜2時間程度は必要になるため、せいぜい2〜3社見て回れるのが体力的にも限界かと思います。

お子様連れの方はさらに大変。住宅展示場にはキッズルームが完備されていたり、各社モデルルーム内にも子供が遊べるスペースが用意されていますが何社も回って見学するのはかなり難しいでしょう。

 

この記事では、はじめて住宅展示場に行くときの時間の使い方や、事前にどのような準備しておくと効率的なのかについて分かりやすく紹介します。

これからモデルルームの見学を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

 

住宅展示場に行く前に“事前準備”を

おそらく、初めて住宅展示場に行く方は次のようなことを想定しているのではないかと思います。

  • どんなハウスメーカーがあるか?
  • どのハウスメーカーに行こうか?
  • 気に入ったモデルルームが見つかるか?

また、営業を受けるのが少し怖いと思っている方、何かと不安に感じている方も多いと思いますが何も心配することはありません。誰もが初めての経験ですし、各社担当者は丁寧に対応してくれるでしょう。

 

ただし何も準備をせずに行くというのはオススメしません。ある程度の予備知識を持っておくことや気になるハウスメーカーの選別くらいはしておくべきです。

準備しておくと便利

各社メーカーのカタログは取り寄せて比較しておく

→ 理想的なハウスメーカーが見つかる可能性が高い。

できれば簡単な設計図プランや見積もりを作っておく

→ 各社の費用・価格・坪単価などを比較できてその後の値引き額にも影響する。

 

今はネットを十分に活用した上で住宅メーカー選びをするのが当たり前の時代ですので、事前に準備してからモデルルームに訪れるという方が増えています。

なぜなら住宅展示場でカタログをもらい見積もりを作ってもらうのは“非常に時間が掛かり効率が悪い”からなのです。

ハウスメーカーカタログを集めるのは大変なので、タウンライフ家づくりで事前にネットで取り寄せておくことをオススメしています。

▶公式ページ

 

 

 

いざ住宅展示場へ!モデルルーム見学の流れについて

住宅展示場ではモデルルームの見学をするのが最大の目的ですよね。営業担当者とも顔を合わせ、いよいよ家づくりの第一歩を踏み出すことになります。

気になっているハウスメーカーのモデルルームに足を運んでみましょう!

初めてモデルルームを訪れた際の流れはこうです。

ポイント

  1. 担当者から挨拶(名刺をもらう)
  2. モデルルームの特徴を説明
  3. 各部屋を見学
  4. 予算など簡単な打ち合わせ
  5. 見積もりを作ってもらう場合も
  6. 次回打ち合わせの約束など
  7. カタログやノベルティをもらって終了

これが一般的な見学の流れになりますが、これだけでも約1〜2時間程度を所要しますので、1日で何社も回る余裕がないことに気づくかと思います。期待に胸溢れる時間ではあるものの、意外と体力を消耗するために少し疲労感を感じるかもしれません。

 

ハウスメーカーの営業担当者がしたいことはコチラ。

  • 名刺を渡したい
  • 会社の特徴を伝えたい
  • 簡単な見積もりを作らせてほしい
  • 次回打ち合わせのアポを取りたい

このようにできる限り時間を使ってお客様とお話をしたいと考えています。

普段、営業を受けることがない人からすれば、

ちょっとイヤかも・・・

と思うかもしれませんが、モデルルームで対応してくれた営業マンはこれからの家づくりの担当者になるため、信頼関係を築く上でもそっけない態度を取るわけにはいきません。

 

モデルルーム見学のカギは“営業マンとの出会い”です。見学の流れを理解した上で、真摯に話を聞いて不安点を解決していくことが大切です。

 

 

ハウスメーカーのカタログだけをもらうのはNG

意外かもしれませんが、ハウスメーカーのカタログだけ持って帰るというのは基本的にNGです。一社一社モデルルームを見学し、担当者の名刺付きでカタログを貰うというのが一般的です。

ですので、展示場の総合案内所に行ってもカタログはありません。

 

カタログだけが欲しい場合は、各社ハウスメーカーのサイトから「名前、住所、連絡先」などの個人情報を登録して請求することなります。

まとめて各社メーカーカタログを一括請求したい場合は、前述したとおりタウンライフで取り寄せることが可能です。

▶公式ページ

 

住宅展示場は子供向けイベントが盛りだくさん!時間は計画的に!

住宅展示場では週末になると子供向けイベントを行っているケースが多いため、お子様連れで訪れる場合はイベントの有無や開催時間も必ず確認しておきましょう。

  • 行ってみたらイベントがやっていて子供が参加したいと言い出した・・・
  • ちょっとだけイベントに参加する予定だった・・・
  • お昼ご飯を食べる時間を逃した・・・

なんてことは住宅展示場でよくあることです。

住宅展示場には必ずホームページがありますので、事前にイベントが行われているかどうか確認しておくことをオススメします。

 

 

帰りは荷物が増えるので電車で行く方は注意

モデルルーム見学後はメーカーカタログやノベルティなどがもらえるので、車ではなく電車で行くという方は手荷物が増えることを想定しておくと良いでしょう。特にメーカーカタログは重たいものもありますので、できるなら軽装で訪れたほうが良いと思います。

 

コチラの記事ではモデルルーム見学の時に持っていくと便利なものを紹介していますので参考にしてみて下さい。

 

 

さいごに

初めて住宅展示場に行くときは、時間の使い方が大切ということがお分かりいただけましたでしょうか。何社もモデルルームを見たいのが本望だと思いますが、現実はかなり時間を使いますし、貴重な週末を潰し続けなくてはなりません。

もちろん住宅展示場のモデルルーム見学はとても楽しいですし、これからの家づくりのイメージを沸かせる大切な時間でもあります。

ですので効率的に動けるよう心がけ、スムーズに時間を使いながら展示場を訪れてみると良いでしょう。

 

理想的な注文住宅を建てるために

【注文住宅の設計図】無料で複数社に一括オーダーできる

複数社のハウスメーカーから「間取り・設計図」「資金計画」を提案してもらえます。無料で利用できる「タウンライフ家づくり」は、多くのユーザーから高評価を受けている注目のサイトです。約3分で完了できるのでこの機会をお見逃しなく!  

-事前準備
-

Copyright© 注文住宅│お金で失敗しない家づくり , 2018 All Rights Reserved.