住宅設計のこと

住宅設計のこと

2020/1/6

狭小住宅の間取りアイディアは開放的な空間とプライバシーの配慮が大切です

土地の狭い都心で注文住宅を建てるなら狭小住宅という選択肢があります。 通勤や買物に便利であるのはもちろん、建物コストを抑えられ、税金の優遇も受けられるため知れば知るほどその魅力が見えてきます。 狭くても生活しやすく、デザイン性の高いお洒落な空間を作るには”住宅の設計”が重要になってきます。 間取りのアイディアを多くの住宅メーカーに作ってもらい、いいとこ取りをしながら理想の家づくりをすることが大切です。   この記事では、狭小住宅の家づくりで知っておきたいポイントをまとめています。 これから間取り ...

住宅設計のこと

2019/12/11

全館空調のメリット・デメリットは?費用や電気代から導入すべきかを考える

全館空調システムは電気代が高い!というイメージが付きものですが、実際のところどうでしょうか。 最近の全館空調システムはひと昔前の機種より性能が向上しており、導入を勧めるハウスメーカーが増えています。 しかし、設置工事費用が高額であったり、フィルターの維持費、点検費、修理交換費用などのコスト面から購入を迷ってしまうかと思います。   そんな全館空調はメリットとデメリットが明確に分かれています。 まずは実際に導入した方の意見から見てみましょう。 実際に導入した方の声を聞いてみました。 ※計10名によ ...

住宅設計のこと

2019/11/18

木造は地震でも大丈夫!?家の「耐震性・家の強度」を守るための基本的な考え方

ハウスメーカーを選ぶときに大切な基準として「耐震性」が挙げられます。 間取りやデザインも大切ですが、まずは耐震性が確保できての話ですよね。   建築士は建築基準法の元に設計するので安心ですが、こちらも“どのような家の構造が地震に強いのか?”を理解しておくべきです。 東日本大震災後日本の住宅の地震対策に関心を持っている人は非常に多くなっていますし、震災は注文住宅を買う上での最大のリスクでもあります。 家を建てるならどのような大地震が起きてもダメージを受けない家づくりをしたいと思うのは当然のことです ...

住宅設計のこと

2019/11/18

【プロが解説!】天井埋め込みエアコンはメリット・デメリットが分かれば設置すべきかが分かります

家庭用エアコンは大きく分けて一般的な壁掛けエアコンと天井埋め込みエアコンの2タイプがあります。デザイン性を考えて天井埋め込みエアコンがいいと考える方が増えています、が費用や修理のことを考えて購入を戸惑ってしまう方が多いのも事実。 結果として、 普通の壁掛けエアコンでいいかな・・ となる方がほとんどです。   果たして、天井埋め込みエアコンのデメリットは費用や修理の面倒さだけでしょうか? 設置をするかしないかの判断は、その特徴をしっかりと理解しておくことが大切です。 天井埋め込みエアコンにしたかっ ...

住宅設計のこと

2019/10/3

【注文住宅の設計】「コンセントの数と配置」は要注意!無駄でも多く付けた方がいい理由

自分の思い通りに間取りを作れるのが注文住宅の最大の魅力ですよね。 こらから家づくりをする方は「どんな雰囲気の家にしようか」「外観はこんな感じがいい」などなど、理想的な家を想像するのが楽しい時だと思います。 ハウスメーカー・工務店などの住宅ビルダーが決まれば、あとは設計を進めていくだけですが設計する上で最も頭を使うのが家の内部の設計です。 ここで言う内部の設計とは、主に以下を指します。 エアコン取り付け位置 パイプライン・・・排水用パイプ コンセント インターネットLAN   など間取りに合わせて ...

住宅設計のこと

2019/9/9

床下収納の使い方!家づくりをする前に知るべき基礎知識を紹介

普段は使わないモノを収納するスペースとして便利な床下収納。 食品の保存庫や防災グッズを保管したりと何かと便利なスペースですが、特に都心部では土地の大きさが限られた狭小住宅が多いため、床下収納ははとても重宝されるスペースとして活用されています。 また、床下点検口としても使われる大事な場所ですので家づくりには欠かせない場所でもあります。   そんな床下収納を上手く活用するために大切な基本知識を分かりやすく紹介します。 これから家づくりをスタートする方はぜひ覚えておいてください。 住宅メーカー複数社に ...

住宅設計のこと

2019/9/9

家づくりの間取りで悩む方必見!理想の設計図を作ってもらう方法

A社と注文住宅の打ち合わせを進めているが、どうしても理想の間取りにたどり着かない・・・。 と思っている方は多いでしょう。 注文住宅を建てたことのある友人に間取り図を見せてアドバイスをもらったり、両親に相談したりと、できる限り理想の注文住宅に近づこうと努力しているものの、なかなか思う通りにいかないのが家づくりです。 生活しやすそうな間取りだが理想的なLDKではない その土地独自の条件を生かしきていない(日照、風の流れなど) プライバシーが確保されている家なのか不安 広く取りたいスペースが狭い 一生に一度の家 ...

住宅設計のこと

2019/9/9

家事を楽にする家づくりは「家事動線と設備選び」が大切です

ひと昔「仕事は男性がするもの、家事は女性がするもの」が当たり前だった時代。 近年では性別に関係なく50-50%で家事をするのが常識となっていますね。   家事を快適にするためには“家事動線を第一に考えた家づくり”が絶対条件です。 さらに家事を大幅に短縮する“住宅設備選び”も重要になってきます。 キッチン・お風呂などの最新設備から、電動シャッター、IoT/スマート家電などライスタイルを楽にしてくれる設備を予算に合わせてどのようにチョイスしていくかも大切です。   「家事動線づくりと設備選 ...

住宅設計のこと

2019/9/9

鬼門の方角を知り、家相を取り入れた間取りづくりをしてみよう!

注文住宅を建てる時、少なからず家相や風水は気になりますよね。 なかでも最も気にされる方が多いのが“鬼門”です。 鬼門とは古来の中国から伝わった怨霊(おんりょう)や呪術(じゅじゅつ)といった信仰が起源であり、良くない結果が起こりやすい事柄に対して使わるため「それとなく怖い」印象を持つ方が多くいらっしゃいます。 家相は自分が気にしていなくても、両親が気にしていたり夫婦間で考え方の違いがあったりするものです。 あくまでも言い伝えのひとつとは言え、家相や風水は統計上すべてが迷信とは言い切れないこともあるため、家を ...

住宅設計のこと

2019/9/9

家の外観を変える「木目の軒天」がお洒落!材質から役割を分かりやすく解説

軒の突き出た先の部分を「軒先(のきさき)」と言います。 近年では軒先のない家が増加傾向にあり、そのほとんどは材料費や工事費が不要となる建築費用削減のためによるものです。また、施主がシンプルなデザイン住宅を好むために軒先を作らないというパターンもあります。 費用に関しては、軒先を作ると軒先がない家に比べて屋根の工事費が1.2〜1.4倍になり、数十万円の違いは出てきます。   最近の外壁は丈夫だし、軒先は無くてもいいのでは? いえ、軒先は家を守る重要な役割を果たしているんですよ。   軒先 ...

住宅設計のこと

2019/9/9

「吹き抜けのある暮らし」をする前に知るべきメリットとデメリット

憧れのマイホームを想像した時、吹き抜けのある開放的な空間と明るいリビングをイメージしたことはないでしょうか。 吹き抜けは部屋を広く見せる効果が高く、一般的な住宅から狭小住宅でも積極的に採用されているアイディアのひとつです。マンションではできない戸建住宅ならではの特別な空間でもありますよね。 しかし、吹き抜け住宅はメリットとデメリットが明確に分かれており、採用するかどうか非常に難しい設計でもあります。 この記事では、吹き抜けのある暮らしをする上でのメリットとデメリットについて分かりやすく解説しますので、きち ...

住宅設計のこと

2019/11/18

新築にピアノを置くために必要なこと〈補強は?防音は?搬入は?〉

新築住宅にピアノを置くなら、まずはピアノの大きさを把握しなければなりません。 設計図面上に配置し、限られた部屋の中でピアノがどれくらいの場所を取るか知る必要があります。 さらにピアノは一般家具と違い、少しだけ特殊な一面も持ち合わせています。   ここがポイント どこに配置するか 床材に補強は必要か 防音対策はできるか 搬入はどのように行うのか   この記事では“新築住宅にピアノを置くために必要なこと”を順に解説していきます。これから住宅購入を検討している方の参考になればと思います。 住 ...

Copyright© 注文HOUSE , 2020 All Rights Reserved.