注文住宅│お金で失敗しない家づくり

費用削減のコツを徹底解説!

事前準備

注文住宅│土地探しの方法とはじめ方のポイントを全解説!

投稿日:

夢のマイホームを建てたいと思った時、まず最初に必要になるのが土地の確保。

すでに土地をお持ちの方や実家の敷地を使う方もいますが、ほとんどの方は土地の購入から計画をスタートします。

土地は都心部に近ければ近いほど価格は上昇するので、なかなか希望エリアに手が出せないと考えている方も多いと思います。

だからと言って安易に安い土地に手を出すのもキケンですし、建物を安く抑えれば土地は高くてもいいという考えて購入するのもオススメではありません。

土地と建物の価格はバランスが大切です。

建売住宅を例に挙げると、物件価格の内訳は土地が6~7割、建物が3~4割で構成されるのが一般的です。

例:建売住宅、総額4,000万円の内訳

  • 土地 60~70% 約2,400~2,800万円
  • 建物 30~40% 約1,200~1,600万円

 

立地条件によってこの割合は大きく異なる場合がありますが、一般的な数字を見ても総額の半分以上を土地価格が占めているというのが現実です。

  • 土地=高い
  • 土地探し=難しい

そう考える方がほとんどでしょうが、過度に難しいと考える必要はありません。

どのように土地探しをスタートさせ、理想的な土地を適正価格で手に入れて家を建てるのかを知ることで、土地探しをスムーズに進めることができます。

土地探しをスタートするにはいくつかの方法があり、どれ1つとして正解がありません。

つまり

同じプロでも意見が違うんです。

ということで、この記事では「土地探しのはじめ方」の方法をパターン別に見ていきたいと思います!

 

土地探しのはじめ方

土地探しの代表的なパターンを4つ紹介しますので、ご自身に適した方法を考えてみてください。

不動産業者を直接訪ねる

不動産業者は“土地売買のプロ”ですので沢山の情報を持っていますが、”不動産業者にとっての良い土地”“買い手にとっての良い土地”が一致するとは限りません。

この点はしっかりと吟味する必要があります。

  • 不動産業者にとって良い土地=価格の高い土地
  • 買い手にとっての良い土地=予算内の土地

これは土地価格が高い方が仲介手数料が多く入るので、不動産業者にとってメリットが多いのは言うまでもありません。

また、価格が高い土地というのは立地条件、日当たり、環境を含めて良い家を建てやすいので、販売という点から見ても営業トークしやすいのです。

しかし、買い手側から見れば「総予算に収まる土地価格」でなければ意味がありません。

そのためには、できるだけ建物にも詳しい経験豊富な業者を選び、親身に買い手側の都合を考慮してくれる担当者を見つける必要があります。

何度も足を運び、複数社を比較して信頼できる不動産会社を見つけることが最大のポイントです。

 

住宅メーカーを通して土地を探す

住宅展示場などのモデルルームに足を運び、住宅メーカーが抱える土地を探してもらうという方法です。

住宅メーカーの担当者も土地に関しては不動産業者から情報を収集しますが、不動産業者から直接土地を購入するのと大きく違うのは、“土地を買ってもらうことよりも、その土地で家を建ててくれること”を望んでいるという点。

つまりその土地で家を建ててもらえるのに都合がよい土地か、という目線になります。

ですので住宅メーカーの担当者からすれば、好条件・高価格な土地よりも、低価格な土地でできるだけ高額な家を建ててもらえることを理想とします。

メリットは不動産業者に直接依頼するよりも楽であるという点。

家を建てるという前提条件で土地探しをするので、住宅メーカーと共に理想的な家を共有しながら土地探しができるのがポイントです。

 

ネットで依頼して探してもらう

これは「ネットで土地探し≠自分で探す」という意味ではなく、土地探しを提案してくれるサイトを利用するという方法です。

ネットには膨大な情報があるので、くまなく土地を探してもらえるというメリットがあります。このようなサイトは数多くありませんが、住宅プラン、複数社の設計図、土地探し、などを一度に提案してもらえるタウンライフなどが有名です。

ネット上で土地探しをスタートできるので、お忙しい方や週末に時間が取れない方はオススメです。

住宅展示場などに足を運んで営業マンと対面する前に、このようなサイトを利用して住宅プランや見積もり等を取っておくと非常に便利です。

土地探しから住宅プランまでを無料で提案

全国600社以上の注文住宅会社があなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な「間取りプラン」「資金計画」「土地探し」を無料でご提案するサービスです。

 

住宅相談窓口で相談する

近年増えつつある、ショッピングモール等にある住宅相談窓口を利用して土地探しを提案してもらうという方法もあります。

住宅相談窓口というのは、不動産業者や住宅メーカーを第三者の立場で中立公平に見ているので、情報に偏りがないという特徴があります。

理想的な土地探しから家づくりまでを完全無料でサポートしてくれるので、土地探しで困っている方や、なかなか理想的な土地が見つからない方などは一度相談してみると良いと思います。

土地のことから家づくりのことを気軽に相談できるのが特徴です。キッズスペースも充実している店舗も増えているのでチェックしてみてると良いでしょう。

家づくりを無料相談!【LIFULLHOME'S 住まい窓口】

ホームズくんのCMでおなじみの不動産情報サイト「LIFULL HOME'S」の住宅相談窓口サービスです。
家探し・家づくり・お金の悩みなどを専属のアドバイザーと“無料相談”できるので、家の購入を検討している方にはとてもオススメです。住宅メーカーとは違い、“中立公平な情報”を提供してもらえるのがポイントです!

 

 

土地を安く手に入れるためには?

土地の表示価格というのは交渉の余地がないように思えますが、実はそうとは限りません。

一般的に土地の購入は「売り主」がいて「不動産業者」が仲介して「買い主」に渡ります。

この場合、「買い主」は「不動産業者」に仲介手数料を支払うことになります。

ところが「売り主」が「住宅メーカー」というケースがあります。

例えば、大きな住宅分譲地を造成し住宅メーカーが「売り主」となるケースです。

この場合は「不動産業者」が関わらず、「売り主(住宅メーカー)」か「買い主」に直接売ることになるので仲介手数料を支払う必要はありません

大きな分譲地の売れ残り数戸は「売り主(住宅メーカー)」としても早く売りたいので、値引き交渉できる可能性が非常に高いです。おそらく売れ残っている時点で価格は下がっていますが、さらに交渉の余地があることがります。

他にも、不動産広告やチラシなどに掲載されている土地というのは“売れ残り”である可能性が高い場合があります。なぜなら人気の土地というのは広告を出す前に売れてしまっているからです。

価格が下がっている土地などの情報は、不動産業者、住宅メーカー、土地提案サイト、住宅相談窓口などは必ず情報として所有しています。

詳細を知るためには、自分から動いてみるしかありません。

ネットで情報を取り寄せたり、直接店舗に足を運んでみる必要があります。

 

理想的な土地探しは、ちょっとだけでも自分で行動してみることで、思わぬ土地が見つかったり、土地に対する考え方も変わってくるものです。

この雑誌のような土地が理想

と思っていたのが、

こんな土地もあるんですよ
なるほど!こういう土地のほうが生活しやすいのかも!
思った以上に安い土地で、大きな庭が作れるかも!

など、最初と土地と家に対する考え方も変わってくる場合が多々あります。

土地の最大の不安点は、なんといってもその“価格”ですよね。

じっくり土地探しを始めるなら、まずはネットで情報を手に入れ、自宅でじっくりと検討してから行動してみると失敗するリスクを軽減することができます。

土地と建物のバランスをしっかりと考えて、理想的な土地を探してみてください。

 

注文住宅の購入に役立つ便利なサイトを紹介しています

【住宅メーカーのカタログ】無料で一括請求できる

ホームズくんでお馴染みの物件数No.1の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)」では、地域に対応した住宅メーカーカタログをまとめて取り寄せることができます。住宅展示場でカタログをもらうのは相当な時間がかかりますが、自宅で簡単にカタログ請求できる便利なサイトとなっています。

【注文住宅の設計図】無料で複数社に一括オーダーできる

複数社のハウスメーカーから「間取り・設計図」「資金計画」を提案してもらえます。無料で利用できる「タウンライフ家づくり」は、多くのユーザーから高評価を受けている注目のサイトです。約3分で完了できるのでこの機会をお見逃しなく!  

-事前準備
-

Copyright© 注文住宅│お金で失敗しない家づくり , 2018 All Rights Reserved.