条件付き土地の条件外しは難しい!条件を外す方法や注意点を解説

不動産屋で土地を探していると、建築の条件が定められた「条件付き土地」と呼ばれる土地に出会うことがあります。

初めて住宅を購入する方なら

何それ?なんか不利になりそう?

という印象を抱くかもしれません。

条件付き土地とは、実は簡単なこと。

 

その名前通り、指定された建築会社で期間内に契約することを前提として販売されている土地のことです。

つまり、自由に工務店やハウスメーカーを選べないのが「条件付き土地」ということになります。

 

土地は気に入っているけど、住宅メーカーが気に入らない場合は?

と、すでに依頼する工務店・ハウスメーカーを決めている人の中には、条件をどうにか外せないか?と考える人も多いでしょう。

 

結論を述べると、条件付き土地の建築条件を外すのは至難の業ですが、100%外せないとは言い切れません。

この記事では条件外しが難しい理由、外すための方法、注意点について解説します!

オリジナルの間取り図を一括依頼│タウンライフ家づくり<無料>
タウンライフ

 

条件付き土地は企業の利害関係によって存在している

そもそも条件付き土地とは、土地を販売する不動産業者と建築会社が利害関係にあることで存在しています。

不動産業者から見た建築会社がグループ企業であるなど、「建築会社を指定して送客するメリット」があるため、土地に条件を設けているのです。

そのように不動産業者と建築会社の双方に利益があるため、条件付き土地の条件を外すのは難しいのが実情といえます。

 

では、どうしたら土地だけを買うことができるようになるのか。

土地だけ手に入れるためには販売額以上の資金が必要

条件付き土地の条件を外したければ、不動産業者と建築会社に「土地だけ売ってもいいか」と納得させるようなメリットを提供しなければなりません。

具体的な手段としては、現在の販売額以上の金額で土地を購入することです。

 

そもそも条件付き土地は、指定の建築会社で建てることを条件としている代わりに、同条件の土地よりも安価で販売されていることがほとんどです。

不動産業者と建築会社がグループ企業だった場合に、建築費によって利益が出ることを見越していることが理由です。

その安くなった分を従来の相場に見合った金額に戻すことで、条件を外せられる可能性があります。

いずれにせよ担当者との相談が必要ですね。

金額としては広さや立地条件によっても異なりますが、一般的な戸建て住宅が建てられるサイズの土地ならば最低でも100万円以上高くなります。

金額はその土地の地価によって大きく変わります。

ただし、追加分を支払うからと言って不動産業者や建設会社が拒否する可能性もあるので、その場合は土地を選び直すしかありません。

もしくはその土地で指定された住宅メーカーを選び、お目当ての住宅メーカーの住宅などを見本に「こんなテイストの家を建てたい」と伝えるしかありません。

結局は、土地は土地でしかないのでお金で解決することになるのが結論です。

 

建築工事請負契約書の締結は慎重に!

条件付き土地の売買契約までは問題ありませんが、建築工事請負契約書の締結(=本契約)に関しては慎重に行いましょう。

極まれに、土地の購入と同じタイミングで建設工事請負契約を勧められることがありますが、同時の契約はおすすめできません。

つまり、土地を買う際に建築に関する契約を同時に結ぶという意味です。

 

万が一締結後に工事費やプランの折り合いがつかずキャンセルとなったとき、建築工事請負契約の場合は違約金が発生する恐れがあるからです。

条件付き土地の売買契約のみであれば、定められた期間内に建築工事請負契約が結べなかった場合に自動解消され、とくにキャンセル料や違約金も発生しません。

「どうせ期間内に締結しますから」「プランの大枠は決まっていて予算はそんなに変わりませんから」など、正しいと感じても契約は同時におこなわないことをおすすめします。

建築工事請負契約についてはコチラの記事を参考にしてください

参考記事
注文住宅の仮契約とは?契約に関する5つの注意点を解説!

注文住宅は人生で最も大きな買い物なので、契約直前で不安になる方は多いでしょう。 契約後のキャンセルも高額な違約金が発生するため、慎重になるのは当然のことです。   住宅購入は、様々な迷いを払 ...

続きを見る

 

条件付き土地は立地環境を優先する人におすすめ!

建築会社と契約までの期間が定められている代わりに、条件付き土地は良い立地のわりに比較的安く販売されているというメリットがあります。

よってハウスメーカーや工務店にこだわりがなく、立地環境さえ良ければいいという方には最適でしょう。

 

ただ条件付き土地では建築請負契約書を締結する期限も定められているため、打ち合わせなど時間が取れるかどうかも考えましょう。

定められる期限として多いのは土地購入から3ヶ月なので、その間は住宅の打ち合わせを優先できるよう努めてください。

 

条件を無事に外せたら相見積もりを出してみよう

条件付き土地の条件を無事に外せたのならば、思い切って相見積もりを出してみることもおすすめです。

すでに条件は外れているため日数には余裕があります。現在迷っている会社の価格が相場に見合っているかを確認するためにも、一度他の会社を検討してみることもよいでしょう。

もしかしたら現在候補としている会社よりも安く、理想の間取りを実現できるところがあるかもしれません。


[間取り図・見積もりを一括請求]

希望の予算をもとに、効率的に住宅メーカーを見つけるためには『複数社から同一価格で見積りを提案してもらう』のがベストです。

それが相見積もりです。

すでに注文住宅を建てた方のほとんどは相見積もりを行っており、他社のプランと比較した中で自分の理想の家を立てています。

複数社にプランを提案してもらい、ベストなプランを提案してくれるメーカーを選ぶのが最も効率的です。

最良のパートナーを探すためには、予算内で家づくりができるかどうかの判断をしなければなりません。

限りある予算の中、憧れのメーカーで家を建てられるのか知りたいところ。

 

そこで注目されているのがタウンライフという間取り作成サービスです。

これら注文住宅ならではの「オリジナルな家づくり計画書」を、一括で複数社のハウスメーカー・工務店から提案してもらえます。

全国600社以上、うち大手22社のハウスメーカーが含まれており、希望エリアに対応した工務店まで見つけられのもポイントです。

 

こんな間取りプランがもらえる

A社

B社

C社

これらの複数の間取り図から、気に入った組み合わせて"いいとこ取り”ができるのもポイントです。

このようなサービスを受けられるのはタウンライフしかありません。

 

公式サイト → タウンライフ公式サイト

 

「タウンライフ家づくり」の申し込みは3分で完了

間取り図作成依頼の手順は3ステップで完了です。

step
1
「家づくり計画書作成依頼スタート」をクリック

希望エリアの都道府県、市区町村をクリックして依頼スタートです

step
2
必要な情報の記入

分かる範囲で大丈夫です。

敷地図などをお持ちの方は、その画像を添付しましょう。(スマホで撮影したものでOK)

詳細な情報があれば、より綿密なプランを提案してもらえます。

step
3
住宅メーカーを選択

地域に対応した住宅メーカーが出るので希望のメーカーを選びましょう。

沢山の間取り図が欲しい!という方は「まとめて選択」を選ぶのがおすすめです。

これで完了!「オリジナル家づくり計画書作成を依頼する」ボタンを押すだけ。

 

タウンライフを利用するべきメリットは、見積もりや間取り図が貰えるだけではありません。

  • 知らなかった住宅メーカーや工務店に出会える
  • 見積り書がもらえるので費用の中身が見える
  • 各社の違いが一度に比較できる
  • 一社一社に直接出向いて打ち合わせをしなくて良い
  • 営業マンの売り込みを避けられる
  • 各社の間取りプランのいいとこ取りもできる

と、今後の家づくりにおいて良い影響を受けることが多々あります。

 

期間限定プレゼント「成功する家づくり7つの法則」がもらえる

1級建築士が作成した家づくりに欠かせないポイントが分かりやすくまとめられた冊子です。

  • 家づくりの考え方
  • 間取り・エクステリアの作り方
  • デザインの考え方
  • 風水や法律知識

などをシンプルに凝縮した内容となっています。

この冊子を読みながら、ご自宅に届く複数社からの間取り図を見比べてみると、家づくりの考え方が大きく変わるかもしません。

公式サイト → タウンライフ公式サイト

 

-土地

Copyright© 注文HOUSE , 2021 All Rights Reserved.