注文住宅│お金で失敗しない家づくり

費用削減のコツを徹底解説!

住宅の設計

メーターモジュール、尺モジュールとは?その違いや各社ハウスメーカーはどちらを採用しているのか解説

投稿日:

家づくりにおいて、設計の基準となる規格寸法の単位である「モジュール」。

住宅の設計ではメーターモジュール」「尺モジュール」の2種類があり、家のサイズを決める基本的な要素になります。

メーターモジュールとは1グリッドが1000㎜×1000㎜(1m)の基準値のこと。

すでに住宅展示場などに足を運び、営業マンとモデルルームを見た方であれば、

弊社はメーターモジュールを採用しているので、廊下や階段が広々としているんです

こんな話を聞いたことがある方もいるんじゃないかと思います。

実は、この「メーターモジュール」と「尺モジュール」、どちらのモジュール(規格寸法)を採用しているかによって、家の大きさや建築費用に大きな差が生じてきます。

この記事では、そんな「メーターモジュール」「尺モジュール」についての解説から、両者の違いによってどのような差があるのかを紹介したいと思います。

メーターモジュール・尺モジュールとは?違いを簡潔に解説

メーターモジュールとは1000mm(1m)を基本単位とする設計基準のことで、尺モジュールとは910mmを基本単位とする設計基準のことです。

これらは柱と柱の中心の距離を指しており、実際には柱や壁の厚さの分だけやや狭くなります。この幅のことを「有効巾」「有効幅」などと呼びます。

柱の太さや壁の厚さはハウスメーカーによって違いますが、尺モジュールの有効巾はおよそ780mm、メーターモジュールなら870mmほどになります。

モジュール 有効巾
メーターモジュール 1000mm 約890mm
尺モジュール 910mm 約780mm

メーターモジュールと尺モジュールの違いが最も分かるのが廊下の幅です。

従来、日本の一般的住宅では3尺(910mm)を基本とした尺モジュールが使われてきましたが、これは畳の大きさ(1畳=182mm×910mm)で家の大きさを決めてきた日本独自の習慣によるものです。

最近の住宅事情ではバリアフリーへの対応などから、1mを基本寸法としたメーターモジュールを採用するハウスメーカーもあり、尺モジュールに比べて、廊下・階段の幅が9cm広く取れるメーターモジュールは、バリアフリー設計や車椅子なども通りやすいため、老後の住まいのことも考えて家づくりをする方が増えていることも要因のひとつです。

とは言え、全ての住宅メーカーがメーターモジュールを採用しているという訳ではありません。

 

ハウスメーカーによってどちらを採用しているか異なる

メーターモジュール、尺モジュールのそれぞれについて、大手ハウスメーカーが基本設計としてどちらを取り入れているのか一覧にしてまとめました。

大手ハウスメーカー メーターモジュール 尺モジュール
積水ハウス
住友林業
へーベルハウス
ミサワホーム
三井ホーム
大和ハウス
セキスイハイム
トヨタホーム
パナホーム

こうして見ると、大手ハウスメーカーのほとんどが「尺モジュール」を基本設計として取り入れています。

尺モジュールというのは「必要な場所だけ、必要な広さに設定できる」という自由設計ができるもが魅力の1つです。

ハウスメーカーによって制限はありますが、廊下や出入り口だけをワイドモジュール設計にしたり、2世帯住宅で両親が暮らす1階だけをワイドモジュールにするということも可能です。

 

全体が広々とした空間のメーターモジュール、自由設計の尺モジュール。と認識しておくと良いでしょう。

では、このメーターモジュール・尺モジュールの両者では、どのような違いがあるのか見てみたいと思います。

 

設計に違いが生じる

尺モジュールとメーターモジュールでそれぞれ設計した場合、そもそもの1つのグリッドの大きさが異なるために設計に違いが出てきます。

「1坪」を基準に考えた場合、図解するとこのようになります。

細かな設計をしていく上で、このちょっとした誤差は家全体で見ると大きな誤差となります。

例えば、建物の面積が同じだった場合、メーターモジュールにすれば廊下や階段、浴室などのスペースが広くなる分、リビングなどの居住スペースが若干狭くなるなど、そもそもの基本設計が変わってくるのが両者の違いです。

当然、メーターモジュールのほうが自然に廊下や空間にゆとりができますが、尺モジュールであれば部分的にサイズを変えるなど生活動線に合わせた自由設計が可能になります。

また、畳や障子・ふすまなどを使った和室は尺モジュールに合わせた既製品がほとんどですので、和室を作るのであれば尺モジュールのほうがよいでしょう。

そもそもの基本設計のグリッドサイズが違うんです

ということを頭に入れておけば、より理想的な住宅設計図を作ることができると思います。

また、これらのサイズは各社ハウスメーカーによって、数cm単位でサイズが異なる場合がありますが、各社の住宅カタログにはそのような情報も記載されているので、収集して比較してみると良いと思います。

【住宅メーカーのカタログ】無料で一括請求できる

  • 地域に対応した地元メーカーが一覧で分かる
  • 住宅展示場に行かなくても自宅でカタログが取り寄せできる
  • 一度に各社の特徴を把握しやすい

ホームズくんでお馴染みの物件数No.1の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)」では、地域に対応した住宅メーカーカタログをまとめて取り寄せることができます。住宅展示場などのモデルルームでカタログをもらうのは相当な時間がかかりますが、簡単にカタログ請求できる便利なサイトです。

 

建築費に違いが生じる

上記のグリッドの違いにより、メーターモジュールは尺モジュールよりも面積が広くなります。

広さにすると約20%大きくなる計算です。

つまり同じ間取りをメーターモジュールで設計する場合、建物の面積が大きくなるのでその分建物の総額も高くなります。

例えば「4LDK」と表記された同じ間取りを比較した場合、尺モジュールからメーターモジュールにすると面積が20%増えます。内装部材の数量は同じなのに、基礎工事・屋根・外壁・床材などの材料は増えるので全体の建築費は高くなります。

もちろん同じ坪面積であれば、部屋の中の図面が変わるだけなので費用に大きな差異は出ません。

全体に広い空間となる一方でこのようなデメリットもあることを知っておいて下さい。

ハウスメーカーの住宅プランをまとめて取り寄せることができます

地域に対応したハウスメーカーの「カタログ」「間取りプラン」「費用比較」「土地探し」などを、複数社まとめて一度の請求することができます。特に数多くの設計図を持っておくことは、これから家づくりを始める上で大きなメリットです。ご利用はすべて無料です。

 

結局どちらがいいのか?

一概にどちらが良いと言い切れないのがモジュール設計であり、メーカーや設計士、住宅のプロでも考え方は異なります。

生活しやすいのはメーターモジュール

どちらを採用するにしても、最も重要なポイントとなるのが廊下や階段など「生活動線の幅」が違うということ。

メーターモジュールは尺モジュールに比べてわずか+9cmですが、この差は本当に大きな違いです。

将来的にも、車椅子生活なども含めたユニバーサルデザインが前提になっているので、高齢者になればなるほどその恩恵を受けることができます。

自由設計が魅力の尺モジュール

尺モジュールは何といっても自由設計が魅力です。

特定の場所だけ広く取ったり、広い空間が必要ではない場所は狭くできるなど自由に設計することができます。

これらの特殊な工事はハウスメーカーによって別途費用が掛かることもありますが、終の棲家となる家づくりにおいて生活しやすい空間を作ることはとても重要ですので、様々な住宅メーカーに設計図プラン等を作ってもらうと良いと思います。

 

以上です。メーターモジュールと尺モジュールを少しでも理解してもらえたら光栄です。

注文住宅の購入に役立つ便利なサイトを紹介しています

【住宅メーカーのカタログ】無料で一括請求できる

ホームズくんでお馴染みの物件数No.1の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)」では、地域に対応した住宅メーカーカタログをまとめて取り寄せることができます。住宅展示場でカタログをもらうのは相当な時間がかかりますが、自宅で簡単にカタログ請求できる便利なサイトとなっています。

【注文住宅の設計図】無料で複数社に一括オーダーできる

複数社のハウスメーカーから「間取り・設計図」「資金計画」を提案してもらえます。無料で利用できる「タウンライフ家づくり」は、多くのユーザーから高評価を受けている注目のサイトです。約3分で完了できるのでこの機会をお見逃しなく!  

-住宅の設計
-

Copyright© 注文住宅│お金で失敗しない家づくり , 2018 All Rights Reserved.