注文住宅│お金で失敗しない家づくり

費用削減のコツを徹底解説!

住宅の費用

基礎工事の種類や費用相場を分かりやすく解説!〈ベタ基礎/布基礎〉

家の着工に入ったらまず最初に行うのが基礎工事です。

基礎は土地と建物を繋ぎ、家を支える重要な工事のひとつ。

住宅の基礎には〈ベタ基礎/布基礎〉の2種類があり、それぞれ異なった特徴があります。

どちらの基礎にするかは住宅メーカーや工務店の担当者が適切に提案してくれるのが一般的ですが、「そもそもベタ基礎って何?布基礎って何?どうして費用がこんなに違うの?」とならないよう、しっかりと知識を入れておくことが大切です。

基礎は地盤や建物の種類(木造・鉄筋)によって選択肢が変わってきますが、『費用・耐久性・湿気・害虫対策』が基礎選びのポイントになります。

この記事では、ベタ基礎・布基礎それぞれ特徴を知りながら、基礎工事の費用相場を分かりやすく解説していきたいと思います。

理想のハウスメーカーを見つけるために

タウンライフでは希望予算と要望を伝えるだけで複数社ハウスメーカーから”一括”で住宅プランの提案を受けることができます。

同一価格で“相見積もり”ができる点など利用者は累計112万人を超え、多くのユーザーに支持されている注目のサービスです。

タウンライフ公式サイト >>

 

住宅メーカー複数社にオリジナルの間取り・設計図・見積もりプランを一括依頼!

複数の住宅メーカーから「間取り・設計図・見積もり」を無料で一括オーダーでき、約3分で依頼は完了。
注文住宅を検討する中で、プランや予算でお困りの方は“相見積もり”を活用することで大幅な金額ダウンも見込めます。数多くの設計図や見積もりを比較するならタウンライフ家づくりが最もオススメです。

ベタ基礎とは?

ベタ基礎は基礎全体にコンクリートを流し込み、家の荷重を面全体で支える構造になっています。

底板一面に鉄筋を敷いてからコンクリートを流し込むため、耐震性に優れているのが一番のポイントです。

ベタ基礎の構造を断面図にしてみるとこのようになっています。

地面に砕石を敷き詰めてから固め、鉄筋とコンクリートで面+立ち上げで家を支えるのが特徴です。

分厚い鉄筋コンクリートが建物の下に敷かれた状態がベタ基礎ということですね。

 

ベタ基礎のメリット

  • 地面から上がる湿気を防止する
  • 土が見えないためにシロアリ対策ができる
  • 面で支えるから耐震性や強度に優れる

ベタ基礎のデメリット

  • 費用が高額になる

 

ベタ基礎は鉄筋・コンクリートの量が多く、人件費もより必要になるため高額になってしまいますが、近年では『耐震、免震、耐久性』が重要視されているため、ベタ基礎を推奨する住宅メーカーが多いのが一般的になっています。

 

布基礎とは?

パッと見るとベタ基礎と同じように見えますが、基礎の面になる部分は鉄筋コンクリートではなく「防湿コンクリート」というものです。

防湿コンクリートは鉄筋は入らず5〜6cm程度の薄い層のため、耐久性はなく防湿のためのコンクリートです。布基礎=土がむき出し、というイメージをお持ちの方も多いですが、最近では一般的でないと考えてよいでしょう。

布基礎を断面図で見ると「T」を逆にした形状の鉄筋コンクリートで支える構造になっています。

布基礎は強固な地盤である場合や、地盤改良工事をしっかりと行っている土地に関して適しているとされています。

耐震性の高い鉄筋住宅では布基礎を選ぶ方も多くいます。

 

布基礎のメリット

  • 費用が安い
  • ベタ基礎を必要としない強固な地盤に良い

布基礎のデメリット

  • 湿気が伝わりやすい
  • シロアリなどの害虫の危険性

 

布基礎の害虫リスクに触れておくと、近年の住宅は木材のシロアリ対策がしっかりとなされているものも増えており、一概に布基礎=シロアリにやられる、ということには繋がりません。また、鉄筋住宅の場合はシロアリ対策や湿気対策の必要はほとんどありません。

上記のことを踏まえた上で、あえて布基礎を選ぶという選択肢も十分にあります。

 

基礎工事の費用は?

国内一般住宅の平均サイズである35坪(2階建て延べ床)の基礎工事費用の目安は、

  • べタ基礎で平均150万円
  • 布基礎で平均120万円

というのが一般的ですが、1㎥辺りの単価はコンクリートの配合や地域によって費用は変動するので、該当エリアの住宅メーカー・工務店などの担当者に確認してみるのが一番です。

坪数がよく分からないという方はコチラの記事も参考にしてみて下さい。

 

ところで、この金額を見てどう感じるでしょうか。

どうしてこんなに費用がかかるの?

と思う方が多いのではないでしょうか。

なぜなら、基礎工事は様々が工程が行われるからですよ。

基礎工事はだだ型枠にコンクリートを流し込むだけではなく、様々な工程が行われそれぞれに費用が掛かります。

ざっくりと工事工程を見てみましょう。

基礎工事の流れ

  1. 地面を掘削
    基礎の深さ・形状に沿って地面を掘ります。
  2. 砕石地業
    割栗石(わりぐりいし)という岩石を粉砕した小さな石を敷き詰め、突き固めることによって地盤を固めます。
  3. 防湿フィルム、捨てコンクリートの打設
    床下からの湿気防止のために基礎の下に防湿フィルムを敷き、基礎外周部に捨てコンクリート打設します。
  4. 鉄筋の組立て
    設計図に基づいて基礎の鉄筋を組み立て、JIO(日本住宅保証検査機構)による配筋検査を受けます。
  5. 型枠・生コン流し込み
    木材で型枠を作ってから生コンを流し込み、養生期間を取って基礎を固めます。
  6. 基礎周辺の埋戻し
    基礎周辺に空けた穴やスペースを再び土で埋戻します。
  7. 掘削土の処分
    敷地外に処分する場合、運送費と処分費が発生します。

 

この他にもポンプ車を出したり資材運搬費用等も掛かるため、見た目よりも大きな金額になってしまうのです。

しかし、基礎工事は建物の耐久性・耐震性に大きく関わるので、しっかりとコストを掛けて作るのが大前提ですので妥協しないよう心がけましょう。

 

ベタ基礎が絶対ではない!地盤に応じて工法の選択をしましょう

布基礎とベタ基礎を比較してしまうと、ベタ基礎のほうがメリットが多くリスクを大幅に軽減させるのは事実です。しかし、その分だけ費用が高額になってしまうという点が気になるところですよね。

基礎の種類の選び方は、住宅メーカーの担当者が適切に選択してくれます。

  • 地盤が弱い場合は「ベタ基礎」
  • 地盤が良好な場合は「布基礎」

さらには、地盤改良工事の有無や木造・鉄筋住宅の違いによっても変わってきますので、その地域に詳しい営業担当者とじっくり相談してみるのがよいでしょう。

 

さいごに:基礎工事の費用は削ってはいけません

建物の耐久性・耐震性にかかわる大切ですので、なるべく安くしようという考えは持たないほうがベターです。

なぜなら、基礎はあとから交換することができないからです。

家を解体しない限り基礎は変えられませんので、家づくりのファーストステップである基礎工事は後悔のない選択をするようにしましょう。

 

理想的な注文住宅を建てるために

住宅メーカー複数社にオリジナルの間取り・設計図・見積もりプランを一括依頼!

複数の住宅メーカーから「間取り・設計図・見積もり」を無料で一括オーダーでき、約3分で依頼は完了。
注文住宅を検討する中で、プランや予算でお困りの方は“相見積もり”を活用することで大幅な金額ダウンも見込めます。数多くの設計図や見積もりを比較するならタウンライフ家づくりが最もオススメです。

-住宅の費用
-

Copyright© 注文住宅│お金で失敗しない家づくり , 2019 All Rights Reserved.