4月の入学式までに入居したい!注文住宅はいつまでに着工しないといけない?

家の購入を決意したら、次はいつ家を建てていつ引っ越すのか?というスケジュールが気になると思います。

そのためには、そもそも家を建てるのはどれくらいの期間が必要なのか?ということが分かればスケジュールが組めると思います。

特にお子様がいるご家庭の場合、引っ越しのタイミングを誤ってしまうと保育園、幼稚園、小学校などで「転園・転校」という問題が起こってしまうので、家の完成日(引き渡し日)を「3月」に設定するケースが多いのが現実です。

4月の入園/入学に上手く合わせて3月に引っ越すことができれば、転校せずに引っ越しをすることができますからね。

そこで3月に家の引き渡しをするためにはどのようなスケジュールを組んだほうが良いのか?についた解説したいと思います。

 

注文住宅の工事スケジュール

工事に入るためには家の設計図を決める「打ち合わせ期間」があります。

  1. ハウスメーカー・工務店を決める(目安)
    →3〜10ヶ月
  2. 契約後、設計図が完成するまでの打ち合わせ期間
    →3〜6ヶ月
  3. 工事期間(※工法や大きさによって変わる)
    →3~10ヶ月

打ち合わせ期間は人によって大きく異なり、設計にこだわればこだわるほど期間は長くなると考えて下さい。

住宅メーカー選びに1年以上かける人もいるので期間は一概に何とも言えませんが、上記のスケジュールを見ても分かる通り、住宅の打ち合わせを始めてから最短でも1年近くかかることがお分かりだと思います。

春からハウスメーカー探しを始めて、翌年の3月中に引っ越しするというのは現実的な話ではないということですね。

 

施工期間は各社の工法によって大きく変わるので注意しよう!

家の工事を行う期間は施工方法によって大きく異なります。さらに、家の規模・土地条件・工事の進め方によっても変わってくるので注意が必要です。

【工法による施工期間の違い】

  • 木造在来工法の場合
    →約3〜6ヶ月
  • 木造2×4工法の場合
    →約3〜6ヶ月
  • 鉄筋工法の場合
    →約4〜7ヶ月
  • 鉄筋ユニット工法の場合
    →約3~5ヶ月

ではこれらを踏まえて「3月中に入居する」ためにはどのような手順を踏めが良いでしょうか。

 

3月中に入居するためにするべきこと

結論から言ってしまうと、購入を検討しているならなるべく早めにアクションを起こしておき「3月中に入居する」ということ事前に伝えておく、ということが一番大事になります。

 ″早めにアクションを起こしておく″ ということが本当に重要です。

人気の工務店などでは、打ち合わせに入るまでに待機しなくてはならないこともあるので、3月中という入居期間の希望があるならば、早めに打ち合わせを始めたほうが有利です。

翌年の3月入居を希望して、3月に問い合わせを始めるのでは遅いと考えたほうがよいでしょう。少なくとも1年半くらいは余裕を持っておいた方が、住宅メーカー探しから無理のない打ち合わせスケジュールなどが組めるハズです。

 

まとめ:4月の入学式に合わせて、3月中に入居するためにする行動

  • なるべく早くから行動し、住宅メーカーや工務店にアクションしておく
  • 特に人気工務店の場合は早めに行動しておくこと
  • あらかじめ営業マンに伝えておく
  • おおむね1年半くらい余裕を持っておけば大丈夫

 


[相見積もりができる!]理想のパートナーを見つけ方法

希望の予算をもとに、効率的に住宅メーカーを見つけるためには『複数社から同一価格で見積りを提案してもらう』のがベストです。

それが相見積もりです。

すでに注文住宅を建てた方のほとんどは相見積もりを行っており、他社のプランと比較した中で自分の理想の家を立てています。

限りある予算内で作れるプランを複数社に提案してもらい、その中からベストなプランを提案してくれるメーカーを選ぶのが最も効率的です。

最良のパートナーを探すためには、まず予算内で家づくりができるかどうかの判断をしなければなりません。

憧れのメーカーで建てられるのかどうかは知りたいところですよね。

 

そこで注目されているのがタウンライフ 家づくりという間取り作成サービスです。

  • 間取りプラン
  • 見積り書
  • 土地プラン

これら注文住宅ならではの「オリジナルな家づくり計画書」を、一括で複数社のハウスメーカー・工務店から提案してもらえます。

全国600社以上、うち大手22社のハウスメーカーが含まれており、希望エリアに対応した工務店まで見つけられのもポイントです。

 

こんな間取りプランがもらえる

A社

B社

C社

これらの複数の間取り図から、気に入った組み合わせて"いいとこ取り”ができるのもポイントです。

このようなサービスを受けられるのはタウンライフしかありません。

 

公式サイト → タウンライフ公式サイト 期間限定キャンペーン中

 

「タウンライフ家づくり」の申し込みは3分で完了

間取り図作成依頼の手順は3ステップで完了です。

step
1
「家づくり計画書作成依頼スタート」をクリック

希望エリアの都道府県、市区町村をクリックして依頼スタートです

step
2
必要な情報の記入

分かる範囲で大丈夫です。

敷地図などをお持ちの方は、その画像を添付しましょう。(スマホで撮影したものでOK)

詳細な情報があれば、より綿密なプランを提案してもらえます。

step
3
住宅メーカーを選択

地域に対応した住宅メーカーが出るので希望のメーカーを選びましょう。

沢山の間取り図が欲しい!という方は「まとめて選択」を選ぶのがおすすめです。

これで完了!「オリジナル家づくり計画書作成を依頼する」ボタンを押すだけ。

 

公式サイト → タウンライフ公式サイト 期間限定キャンペーン中

 

タウンライフを利用するべきメリットは、見積もりや間取り図が貰えるだけではありません。

  • 知らなかった住宅メーカーや工務店に出会える
  • 見積り書がもらえるので費用の中身が見える
  • 各社の違いが一度に比較できる
  • 一社一社に直接出向いて打ち合わせをしなくて良い
  • 営業マンの売り込みを避けられる
  • 各社の間取りプランのいいとこ取りもできる

と、今後の家づくりにおいて良い影響を受けることが多々あります。

 

期間限定プレゼント「成功する家づくり7つの法則」がもらえる

1級建築士が作成した家づくりに欠かせないポイントが分かりやすくまとめられた冊子です。

  • 家づくりの考え方
  • 間取り・エクステリアの作り方
  • デザインの考え方
  • 風水や法律知識

などをシンプルに凝縮した内容となっています。

この冊子を読みながら、ご自宅に届く複数社からの間取り図を見比べてみると、家づくりの考え方が大きく変わるかもしません。

 

▼ 公式サイト ▼

タウンライフ家づくり

 

 

 

注文住宅の準備で必須です

複数社の住宅メーカーに間取りを一括依頼!

プランや予算でお困りの方は“相見積もり”をすることで大幅な金額ダウンも!数多くの設計図や見積もりを比較するならタウンライフ家づくりがオススメです。約5分で依頼は完了!

-住宅コラム

Copyright© 注文HOUSE , 2020 All Rights Reserved.