注文住宅│お金で失敗しない家づくり

費用削減のコツを徹底解説!

ハウスメーカー

ハウスメーカーの値引き交渉はやり方とタイミングが重要です

更新日:

注文住宅に定価はありません。

そのせいで「●百万円値引きできた!」なんてとんでもない値引きの話を聞いたことがあると思います。

 

結論から言ってしまうと、注文住宅は値引きができるのは本当の話です。

 

住宅購入は生涯で最も高い買い物ですし、同じ家を買うならできる限り安く買いたいと思うのは普通のこと。数百万円の値引きというのは車一台分にも相当するので、値引きは絶対にお願いしてみるべきですよね。

ところが、値引き交渉のやり方やタイミングを間違えてしまうと、金額を下げられることすらできない可能性があります。最悪の場合、本来使うべきだった良い部材が悪質なものになってしまったり、部材自体がグレードダウンすることにも繋がりかねません。

そのために事前にしっかりと対策しておくことが重要です。

 

この記事では適正な価格を上手に値引きする交渉方法を解説します。これから値引き交渉を行う方は是非チェックしてみてください。

注文住宅の値引きはどれくらい出来るのか?

一般的に、大手ハウスメーカーの値引きは100~300万円近く値引きできるパターンが多いです。

初回の見積もりからすでに謎の値引き額が含まれているケースが多いですが、この額は住宅メーカーによって大きく異なるため素直に受け入れておいて大丈夫です。ちなみにこの値引き額は、時期や売り上げ状況、キャンペーンなどの様々な条件によって変わってきます。

また初回に値下げを提示してくるというのは「見積り書の見栄えが良くなる」という効果があることも知っておいてください。

同じ金額、どちらがお得に見えますか?

2400万円 → 200万円引き・・・2200万円

2250万円 → 50万円引き・・・2200万円

一条工務店のように値引きナシの明朗価格で対応しているメーカーもあることをご理解ください

 

見積り書が出たら次に住宅プランの打ち合わせが始まりますが、ここから契約までの間にどのようなタイミングで値下げ交渉をしたらよいのか?

見ていきたいと思います。

いつ?どうやって?値引き交渉の進め方とタイミングについて

営業マンと打ち合わせを進めると「今ならこれだけ値引きできます!」というキーワードが出てきます。打ち合わせ中の方なら実感しているのではないでしょうか。

このキーワードが出た場合、“いついつまでに契約してもらえればこれだけ値引きできる”という条件が加わるので面倒ですよね。

ただ、その甘い言葉を受けてさらなる値引き交渉を進めてはいけません。

値引き交渉前に押さえておきたいポイントをピックアップします。

契約に前向きな姿勢で打ち合わせを行うと効果的

当たり前のことかもしれませんが、「そもそも契約する気がない」というお客に対して営業マンは真剣に対応してくれません。

少なからずその住宅メーカーが気に入っているのであれば、購入に前向きである姿勢を示しておくと交渉に応じてもらいやすくなります。

打ち合わせを何度も重ね、営業マンとの信頼関係を築く上でも真摯な姿勢で取り掛ったほうがよいでしょう。

軽いノリで値下げの話はしない

最も気をつけておきたいのが「軽い気持ちで値下げ交渉しない」ということ。

つい思わず「もうちょっと安くならないとですかねぇ〜」という雰囲気を出す方も多いと思いますが、購入に対する本気度をしっかりと示したほうが値下げ交渉には応じてもらいやすいです。

1万円の商品を値引いてもらうのとは訳が違うので、間違っても軽い言葉でお願いするのはやめておきましょう。

契約直前に値引き交渉をする

一度契約してしまうと値引き交渉は難しくなります。

しかし契約直前であれば、営業マンも何とか契約してもらいたい状況なので金額に関しても真剣に取り掛かってくれます。

さらに契約直前というのは家の設計図・部材などが7~8割ほど決まっている状態なので、このタイミングで値下げ交渉をお願いすることで設計図を変更することなく”適正な値引き額”が期待できます。

「適正な値引き額」については後述しますが、簡潔に言ってしまうと度を超えた額の値引きは品質の低下、部材のグレードダウンにつながってしまいます。希に「500万円以上値引きできた!」という情報を見ることがありますが、その裏では確実に部材がグレードダウンしているハズです。これは非常に注意です。

 

最初に提示された値引き額から過度のない値引きをお願いすることで、家の品質はしっかりと守ったまま適正な値引き交渉ができます。

値引き交渉の勇気がない方は端数を削ってもらうだけでも気持ちが落ち着くかと思います。

例えば・・・

初回見積もりは2400万円→200万円引き・・・2200万円

→ 打ち合わせした結果、見積もりは2354万円となった

2354万円 → 契約前交渉 → 2300万円

トータル254万円の値引き

このような流れであればかなり適正な価格で値引きができると思います。当然ですが、住宅メーカーによって違いはあるので、あくまでも一例として考えてください。

値下げ交渉の方法やタイミングが分かったところで、交渉する上で気を付けたい点をピックアップします

【住宅メーカーのカタログ】無料で一括請求できる

  • 地域に対応した地元メーカーが一覧で分かる
  • 住宅展示場に行かなくても自宅でカタログが取り寄せできる
  • 一度に各社の特徴を把握しやすい

ホームズくんでお馴染みの物件数No.1の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)」では、地域に対応した住宅メーカーカタログをまとめて取り寄せることができます。住宅展示場などのモデルルームでカタログをもらうのは相当な時間がかかりますが、簡単にカタログ請求できる便利なサイトです。

値引き交渉でやってはいけないこと

値引き交渉の進め方やタイミングが十分に理解できたと思いますが、最も危険な過度の値引き交渉について注意しておきます。

過度な値引き交渉は危険!

値引き交渉をする上で最も重要なことは、注文住宅の品質には影響させない値引きをするということです。

お金ばかりに目が行ってしまうとこのポイントを見逃しがちですが、度を超えた値引きは悪質な部材 欠陥工事にも繋がりかねません。大手ハウスメーカーでそのような事例は珍しいことですが、工事をするのはメーカー指定の下請け業者であることも知っておいてください。

あまりにも値引き額が大きいと、いつの間にか部材のグレードが下がっていることもあるので気を付けましょう。

できる範囲内で適正な値引きをしてもらうというのがベストな方法です。

 

最後に値引き交渉に効果的な方法を紹介します。

事前に複数社の見積もりを取っておく

ハウスメーカーにはライバル会社というものがあります。一般的に競合他社と言われますね。

例えばA社、B社、C社が競合他社であった場合。

A社だけに見積もり依頼をする場合と、すでにB社、C社の見積もりを持ってる場合、値引きに対する対応が確実に変わります。

  1. A社のみと打ち合わせをしている場合
  2. B社、C社の見積り書を持ってA社と打ち合わせをしている場合

→ 値引き交渉は確実に「2.」の方が進めやすい

この場合、ライバルのB社がこの価格で勝負するなら、A社もそれに相当する価格・プランを提案してくれます。でないとお客は逃げてしまいますからね。普通に考えても、価格を競合させて値下げをするのは当たり前のことですよね。

何度も住宅展示場に足を運んで複数社のプランを取るのはとても大変なことですが、ネットでも簡単に住宅プランと見積もりが申請できるので参考にしてみてください。

住宅メーカーは指定して選べるので、最低でも2~3社ほど取ってとくと便利です。新しい住宅プランも提案してもらえるので、プランに行き詰まっている方にもオススメです。

 

まとめ

さいごに、値引き交渉が上手くいくようにもう一度おさらいしたいと思います。

  • 契約に前向きな姿勢で打ち合わせに臨む
  • 軽いノリで値下げ交渉しない
  • 交渉のタイミングは契約直前
  • 無理に高額な値下げを要求しすぎない
  • 複数社で見積もりを取っておく

注文住宅はできる限りの準備をしておくことで最大限の適正価格を引き出すことができます。

これから住宅展示場やモデルルームに出かける方はぜひ覚えておいてください。

注文住宅の購入に役立つ便利なサイトを紹介しています

【住宅メーカーのカタログ】無料で一括請求できる

ホームズくんでお馴染みの物件数No.1の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)」では、地域に対応した住宅メーカーカタログをまとめて取り寄せることができます。住宅展示場でカタログをもらうのは相当な時間がかかりますが、自宅で簡単にカタログ請求できる便利なサイトとなっています。

【注文住宅の設計図】無料で複数社に一括オーダーできる

複数社のハウスメーカーから「間取り・設計図」「資金計画」を提案してもらえます。無料で利用できる「タウンライフ家づくり」は、多くのユーザーから高評価を受けている注目のサイトです。約3分で完了できるのでこの機会をお見逃しなく!  

-ハウスメーカー
-

Copyright© 注文住宅│お金で失敗しない家づくり , 2018 All Rights Reserved.