注文住宅│お金で失敗しない家づくり

費用削減のコツを徹底解説!

住宅ローン

住宅ローンが借りられるか分からない・・・複数のローンを事前審査・比較すれば結果がわかる

更新日:

難しい住宅ローンをどこで借り入れするのか決めるのはとても難しいことですよね。

そもそも借りられるのどうかすら分からない方も多く、誰もが初めての経験であるし、分からないことだらけだと思います。

しかし住宅ローンは人生設計に大きく関わっていくるので絶対に失敗は出来ません。

住宅ローンは初めて家を購入するために組む場合と、すでに住宅ローンを組んでいるが金利の上昇などにより借り替えをする場合の2種類に分けられます。

  1. マイホーム購入のための住宅ローンを組むパターン
  2. すでに契約している住宅ローンを借り替えるパターン

そんな住宅ローンはどのように申し込んだらよいのでしょうか?

この記事では、今の時代にあった住宅ローンの申し込み方法や、比較することについて分かりやすくて解説したいと思います。

 

マイホーム購入のために住宅ローンを組む場合

まず、大手ハウスメーカーのような住宅会社で契約する場合は、専門知識のある営業マンかFP(ファイナンシャルプランナー)が対応してくれるので、住宅ローンの手続きでやることはほとんどありません。

提案された住宅ローンを選び(固定か変動かなど)印鑑を押すくらいです。

大手ハウスメーカーで契約するとこのようなメリットがありますが、全員が大手ハウスメーカーで契約するわけではありません。

基本的には自分で銀行に住宅ローンの審査を申し込むのが一般的です。

通常は1回の申込みで1銀行だけなので、仮に審査に落ちてしまった場合は、また一からやり直さないといけないので本当に時間がかかる大変な作業です。

では、今はどのような方法で申し込むのが良いのでしょうか。

スポンサーリンク

 

住宅ローンは比較することが必須!今はネットで申し込むのが主流

銀行各社の住宅ローンを比較し、金利や各種条件、手数料が最もお得な銀行に決めるのが一番ですが、そのためにはある程度の知識が必要になります。

できることなら「生年月日・年収・勤務形態・家族」などの基本情報だけで住宅ローンが組めるかどうかを知りたいですよね?

そのために住宅ローンシミュレーターなどを利用して、自分がいくら住宅ローンを組めるかを調べるサイトなどがあります

 

しかし「今の年収でどれくらいのローンが組めるのか」よりも「実際にローンが組めるのか」を知るほうが重要です。

銀行によっては審査が通らない、想定していた金利ではローンが組めない、など予想外の結果が待っていることも多々あります。

また、頭金がどれくらいあるかによって変わる「引き下げ金利」(例:予算の20%の頭金があれば金利-1%など)などのお得なローンもありますが、銀行によって条件は異なります。

実際に住宅ローン審査を申し込んでみると、そこで初めて「住宅ローンシミュレーターとは結果が違う」ということ気づくと思います。

 

まとめて住宅ローン審査を依頼する

一社ごとの審査を依頼するよりも複数銀行にまとめて住宅ローン審査をしたほうが、スピーディかつ比較がしやすいので絶対にオススメです。

近年はネットで住宅ローン審査を申込みする方が主流になってきているので、とりわけ特別なことではありません。

住宅ローンには「事前審査」と「本審査」があり、その後に契約という流れになります。

事前審査
→いつ審査しても大丈夫。購入の検討段階で済ませておくと今後のプランが立てやすい

本審査
→住宅の契約が決まったタイミングで審査

 

家づくりを検討しているならば事前審査を受けておき、いざ住宅を契約してからローンが組めないなどのリスクを回避しておくべきです。

大手ハウスメーカーと契約を予定している方でも事前審査は必ず行います。

気軽な気持ちでも早い段階で申し込んでおけば、借り入れ可能額も明確になるので、予算プランを立てやすくなるメリットもあります。

 

また複数社に住宅ローン事前審査を申し込むことで、比較するべき最も重要な項目がしっかりと見えてきます。

住宅ローンにおいて重要な比較項目

  • 金利
  • 諸費用
  • 保証内容
  • 支払総額

自分がいくらローンを組めるのか・・・。

どれくらいの予算で家を建てるべきなのか・・・。

月々の返済額が見えない・・・。

などでお困りの方には特にオススメです。

また、すでに住宅ローンを組んでいるが、金利の変動により借り換えを検討している方も対応しています。

 

さいごに|住宅ローンで失敗しないために

住宅の購入を検討しているならば、複数銀行に事前審査をしておくことで自分が住宅ローンを組めるのかが分かるし、今後の住宅プランが立てやすくなることを理解できたでしょうか。

事前審査して分かること

  • 住宅ローンが組めるのかどうかが分かる
  • 借り入れ過納額が明確に分かる
  • 月々の返済額が分かる
  • 返済プランが立てられる

事前審査は決して重たい審査ではありませんし、審査に出したからと言って契約しなくてはならないものでもありません。

まずは気軽に申し込んでみて結果を知ることができれば、家づくりのスタートとしてはベストな方法です。

住宅ローンで失敗しないためにも、まずは自分の収入に合わせたローンを計画してみましょう。

 

注文住宅の購入に役立つ便利なサイトを紹介しています

【住宅メーカーのカタログ】無料で一括請求できる

ホームズくんでお馴染みの物件数No.1の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)」では、地域に対応した住宅メーカーカタログをまとめて取り寄せることができます。住宅展示場でカタログをもらうのは相当な時間がかかりますが、自宅で簡単にカタログ請求できる便利なサイトとなっています。

【注文住宅の設計図】無料で複数社に一括オーダーできる

複数社のハウスメーカーから「間取り・設計図」「資金計画」を提案してもらえます。無料で利用できる「タウンライフ家づくり」は、多くのユーザーから高評価を受けている注目のサイトです。約3分で完了できるのでこの機会をお見逃しなく!  

-住宅ローン
-

Copyright© 注文住宅│お金で失敗しない家づくり , 2018 All Rights Reserved.