住宅ローン

住宅ローンをネット銀行で借りる!好金利と対面の安心感で選ぶなら「住信SBIネット銀行」が強い

更新日:

ネット銀行で住宅ローンとなると少し不安になると思いますが、一般銀行に比べて好金利であることが最大の魅力です。
住宅ローンを検討するならネット銀行も必ず検討したほうが良いとも言われています。

デメリットは全ての手続きをネット上で行うので、分からないことがあった場合が大変です。
ネットでのサポートはあるものの、実店舗で対面して進めるのと比較すればレスポンスが遅くなるため、住宅ローンに詳しくない人には推奨されてきませんでした。

ところが、近年のネット銀行には対面で対応くれるサービスもあります。

そんなネット銀行の最大のメリットは一般銀行に比べて好金利で住宅ローンが組めることです。
金利の違いがどれだけ支払額に影響するのか見てみたいと思います。

 

金利が0.5%下がるとと総額でどれくらい安くなるのか?

具体的な数字をみると驚くかもしれませんが、実際に金利が0.5%下がった場合のケースを考えてみたいと思います。

3000万円の住宅ローンを借りる場合

ローン条件を一般的なケースに設定

返済期間35年
返済方法:ボーナス返済なし、元利均等返済
※融資手数料、保証料などを除く

金利2.0%の場合

  • 月々の返済額
    → 99,378円
  • 総支払額
    → 41,738,968円

3000万円住宅ローンは金利2.0%の場合、利息だけでも1170万円もかかります。
この金額に驚くかもしれませんが、次に-0.5%になった場合のケースを見てみます。

金利1.5%の場合

  • 月々の返済額
    → 91,855円
  • 総支払額
    → 38,579,007円

金利が-0.5%になった場合の差額
→ 約316万円

なんと300万円以上の差額が発生してしまいました。

金利が-0.5%下がるだけで新車が購入できるくらいの差額が出ると考えもらうと分かりやすいと思います。

これだけ金利というのは住宅ローンの額に大きな影響をもたらすため「とりあえず良く分からないから知ってる銀行でお願いしてみよう」で決めてしまうのは非常にもったないことです。

では、ネット銀行は誰でも住宅ローンを組むことができるのか?
そんな疑問が出てくると思うので簡潔に解説します。

スポンサーリンク

ネット銀行のローン審査基準は厳しいのか?

結論から言うとやや厳しめと言われています。

全てのネット銀行がそうだとは言い切れませんが、最低年収の設定額にやや違いがあります。

一般的な銀行で住宅ローンを組む場合の最低年収は200万円程度と言われていますが、ネット銀行の場合は最低年収が300万円程度~と高めに設定されています。

この他にも、低金利を実現させるためには安定した収入であることも求められるので、仕事を始めたばかりで勤務年数が短い方は審査に通りにくい可能性があります。

ネット銀行の審査に通るかどうか分からない場合は、借りるかどうかは別にして、とりあえず事前審査だけでも申し込みすれば結果が分かります。

圧倒的にオススメできるのは住信SBIネット銀行の『MR.住宅ローンREAL』ですね。

実店舗で担当者と対面でき、よく分からない方でも安心して住宅ローンの手続きを進められます。

「ネットだけだと手続きが不安・・・」という方は必見ですね。金利面の比較、検討をしてみるだけでも価値があると思います。

住信SBIネット銀行で住宅ローンを借り入れるメリット

注目の『MR.住宅ローンREAL』の主な特徴を紹介します。

  • 運営コストが低いネット銀行ならではの好金利
  • 住宅取得に関わる諸費用込みの借入の場合でも金利上乗せがない
  • 住宅ローンのお借入時にかかる保証料が『MR.住宅ローンREAL』なら0円
  • 一部繰上返済の手数料も0円
  • リアル店舗で提供している

ネット銀行ながら、対面で対応してもらえるというのが最大のポイントです。

これだけでも通常銀行ローンと比較する価値があります。

団信・全疾病の保険料が0円

住宅ローン返済中に万一のことがあった場合の団体信用生命保険に加え、すべての病気・ケガ(※)を保証する全疾病保障に無料でご加入できる。

もちろん金利の上乗せはありません。
※精神障害等を除きます。

 

住信SBIはネット銀行に口座を持ってなくても大丈夫

他行をメインバンクにしている方でも、『定額自動入金サービス』のご利用で、返済口座への資金異動が0円です。
住信SBIネット銀行代表口座への振込手続きの手間も手数料もかかりません。

 

住宅ローンの手続きはとても大変なことですが、担当者がいることで圧倒的に手続きが楽になります。
一番重要な「低金利で最もお得なローンを選ぶ」という点でもネット銀行は強く、金利の違いで総支払額に大きな差が出てくることが分かったと思います。

利用者多数!当サイトおすすめコンテンツ

【ハウスメーカー】注文住宅の設計図、資金計画書、土地探しを無料で一括オーダーできる「タウンライフ家づくり」

  • 「注文住宅の設計図(間取りプラン)」「資金計画書・費用」「土地探し」を無料で提案
  • 複数社の設計プランを比較・検討できる →数百万円単位のコスト削減が可能
  • 利用実績がトップクラスで利用者の評価が高い

複数のハウスメーカーから「間取り・設計図」「資金計画」を提案してもらえるので、理想の家を建てるためには利用したほうが得策です。「タウンライフ家づくり」は無料で利用でき、多くのユーザーから高評価を受けているネットで大注目のサイトです。
約3分で完了できるのでこの機会をお見逃しなく!

-住宅ローン
-

Copyright© 注文住宅の費用【お金で失敗しない家づくり】 , 2018 All Rights Reserved.