注文住宅│お金で失敗しない家づくり

費用削減のコツを徹底解説!

住宅の設計

新築にピアノを置くために必要なこと〈補強は?防音は?搬入は?〉

投稿日:

新築住宅にピアノを置くなら、まずはピアノの大きさを把握しなければなりません。

設計図面上に配置し、限られた部屋の中でピアノがどれくらいの場所を取るか知る必要があります。

さらにピアノは一般家具と違い、少しだけ特殊な一面も持ち合わせています。

 

ここがポイント

  • どこに配置するか
  • 床材に補強は必要か
  • 防音対策はできるか
  • 搬入はどのように行うのか

この記事では“新築住宅にピアノを置くために必要なこと”を順に解説していきます。これから住宅購入を検討している方の参考になればと思います。

 

 

ピアノの種類と大きさを知る

ピアノには大きく分類して3種類に分けられますが、最もポピュラーなのはアップライトピアノ。他と比べても圧倒的人気と言っても過言ではありません。

それぞれの大きさと重さを確認してみます。

※大きさ、重さは各社シリーズにより異なるためあくまでも参考値として下さい。

 

ピアノの大きさ

  間口(cm) 奥行き(cm) 高さ(cm)
グランドピアノ 150〜155 160〜230 100
アップライトピアノ 150〜155 60〜70 120〜130
電子ピアノ 140〜150 33〜60 90〜100

 

ピアノの重さ

重さ(kg)
グランドピアノ 250~500
アップライトピアノ 200~270
電子ピアノ 20〜80

 

人気のアップライトピアノを軸に比較してみると、グランドピアノは奥行きが大きく、電子ピアノは奥行きが小さくて軽い、というのが主な違いですね。

それぞれのピアノを平面図面上に配置し、4畳半のスペースに置いた場合の大きさの比較をしてみます。

こうして見てもグランドピアノの大きさは圧巻ですね。

アップライトピアノと電子ピアノの大きさにそこまで違いはありませんが、大きく異なるのは「アコースティックな生音」か「電子音」かの違いです。

さらに電子ピアノでは弱いタッチの表現やスタッカートの弾き分けが難しかったりするため、「自宅では出来てもレッスンでは出来ない」という方が多く、レッスンに近い環境で練習できるという点でもアップライトピアノが圧倒的な人気である理由が伺えます。

 

 

ピアノの置き場はリビングが人気

新築の場合、ピアノをどこに置くのか迷うところですが、各家庭がどこにピアノを配置しているのかを一番良く知っているのはピアノ買い取り業者さんです。お話を伺ってみたところ、やはりリビングに置いている家庭が圧倒的に多いようです。

家を設計している段階では、子ども部屋の隅にピアノを置くことを考えている方も多いのですが、やはり人が集まるリビングに置いたほうがピアノに触れる機会も多くなることから最もポピュラーな配置とされています。

また、生活動線内にピアノがあれば親も子どもにピアノを教えてあげやすいという一面もメリットのひとつですよね。

一般住宅でピアノを置く場所は、

  • リビングに配置
  • 生活動線から遠すぎない場所

が良いとされています。

 

 

ピアノを置くために補強する必要はある?

新築一戸建てにピアノを置く場合、床などの補強は必要ないとされていますが、できれば補強することをオススメしています。

主な理由としては、建築基準法では床の耐荷重は180kg/㎡(住宅用途の長期積載荷重の最低基準)と定められていますが、この数字はあくまでもこの重さを超えないように、というひとつの最低基準値です。

10㎡なら1800kg以内にという計算になりますが、仮にこの重さを超えたとしても床が崩壊するようなことはありませんし、当然、アップライトピアノの重さは約200~270kg程度ですので床の耐荷重を考えても十分耐えきれます。

しかし、長年住み続けることによる家の歪みや、地震等が合った場合のことを考えると、ピアノを置いた床は重さの影響をモロに受けますので補強しておいたほうが無難です。

 

床下に鋼製束を床に入れておく

最もポピュラーなのが、床下に鋼製束(こうせいづか)という補強柱を入れておく方法です。

万が一の地震や震災による災害対策として鋼製束は非常に効果があり、ピアノを置くための補強対策としては最善な方法とされています。

価格は10万円近くかかりますが、あらかじめピアノを設置する場所の床下に鋼製束を入れておくことで床のゆがみや破損を防ぐことができます。

鋼製束は、ほとんどの住宅メーカーで依頼すれば対応してくれますが、ベタ基礎であることが条件だったりするので、設計図を依頼するなら事前に相談しておくと良いでしょう。

 

補強した場合ですが、後からピアノを置く場所を変えることは難しくなりますので、ピアノを置く場所は設計前にしっかりと考えておく必要があります。

様々な設計図・プランを集めて、間取りと配置を上手に作ることが大切です。

大手ハウスメーカーなど複数社に住宅プランを一括依頼することもできるので参考にしてみてください。

 複数の住宅メーカーに設計図・プランを一括オーダーできる

 

 

ピアノの防音対策は?

ピアノ音は四方八方へと流れるため、一定方向に制御することは出来ませんので、まずは「窓・カーテンを閉める」など基本的な防音をするのは前提です。カーテン?と思う方もいると思いますが、波型をしたカーテンは響いた音を吸収する効果があるため、例えレースカーテンでも閉めておくほうが効果があります。

ただし、一般住宅でピアノの音を完全シャットアウトすることは難しいため、できる限りの防音対策をすることでピアノを気持ちよく弾くことができます。

 

キャスターにインシュレーターを取り付ける

インシュレーターはピアノのキャスター(脚)部分に取り付けるものです。底面がクッションになっているため、ピアノから床に伝わる振動を抑える防音効果があり、まず最初に取り入れたい防音対策のひとつです。

同時にキャスターは比重が掛かる場所でもあるので、インシュレーターを置くことで床の凹みを軽減させることにも効果があります。

 

 

ピアノの下に防音マットを敷く

ピアノ脚から伝わる振動音に効果があるのが防音マットです。床を守る効果もあるため「補強ボード」と呼ばれることもあります。厚さは2〜3cm程度くらいが目安ですが、厚ければ暑いほど防音効果は高くなります。

工事不要で簡単に設置でき、大型ホームセンターなどでも購入可能です。

 

 

ピアノの裏に防音パネルを貼る

※こちらはアップライトピアノの防音対策です。

ピアノを壁にぴったりくっつけた場合、振動が壁にダイレクトに伝わってしまい壁の外に音が伝わりやすくなってしまいます。

その対策として防音パネルをピアノ背中部分に取り付けると効果があり、クッションの厚さによっては10〜40dB(デジベル)ほどの防音効果があるとされています。

壁とピアノの間に挟むだけでも効果があるので、簡単に防音対策できるアイテムのひとつです。

 

ピアノの防音対策まとめ

  • 窓・カーテンを閉める
  • インシュレーターを取り付ける
  • 防音マットを敷く
  • 防音パネルを貼る

 

 

ピアノはどうやって搬入する?

アップライトピアノはタテにすると横幅65cm程度なので、玄関から普通に搬入することが可能です。グランドピアノの場合、搬送時は脚部を取り外して縦にして運ぶのでこちらも特に問題なし。「ピアノ本体の寸法+10cm程度+人間1人分」が通れるくらいの隙間があれば問題ないとされています。

なお、ピアノ搬入時は本体をクッション材等で包むのでキズ等の心配はありません。

搬入で最も難しいのがカーブです。例えば玄関から直進してすぐ右折したところがリビングの場合、一度ドアを取り外すなどという作業が出てくるかもしれませんが、その点は経験豊富なプロが対応(ピアノメーカー、引っ越し業者など)してくれるので安心して良いでしょう。

ただ、最新の住宅のほどんどは「メーターモジュール」という広い尺単位を採用しているため基本的には問題なく搬入できます。

 

 

さいごに

新築住宅にピアノを置くために必要なことを解説しましたが、不安な点が解決できたでしょうか。

このように、ピアノの防音対策は自分で出来ることもあることがお分かりいただけたと思います。

もちろん全てやらなくてはならない、という訳ではありません。

できる限りの防音対策をし、ご近所迷惑にならないよう気持ちよくピアノを弾ける環境を作ることが大切です。

 

 

理想的な注文住宅を建てるために

【注文住宅の設計図】無料で複数社に一括オーダーできる

複数社のハウスメーカーから「間取り・設計図」「資金計画」を提案してもらえます。無料で利用できる「タウンライフ家づくり」は、多くのユーザーから高評価を受けている注目のサイトです。約3分で完了できるのでこの機会をお見逃しなく!  

-住宅の設計
-

Copyright© 注文住宅│お金で失敗しない家づくり , 2018 All Rights Reserved.