ドアを1枚減らすと約5万円のコストダウンに!設計から必要性を考えよう

注文住宅の設計をしている方なら、コストのせめぎ合いをしながら費用削減を検討しているかと思います。

設計図を見つめていたり住宅部材のグレードを考えたりと、家づくりで最も苦労するのが希望と予算のバランスだと思います。

そんな予算削減の中で意外と見逃しがちなのが室内ドアの有無

ドア1枚あたりどれくらいの費用がかかるかご存知でしょうか。

部屋を仕切るためのドアは付けるのが当たり前と思われているため、意外とその価格を知られていないというのが真実です。

確かにトイレ・浴室・寝室など、プライベートな空間が必要な場所には室内ドアが必要ですが、そうではない場所のすべてのドアの必要性について考えたことがあるでしょうか。

家の設計プランを見て「その室内ドアがいま本当に必要かどうか?」を見直してみると思わぬコスト削減につながるかもしれません。

この記事では、予算削減のための室内ドアの必要性について解説したいと思います。

 

そのドアは本当に必要?ドアは1枚あたり約5万円もする

ドアの価格はタイプによって様々ですが、1 枚あたりの価格は約5万円程度と考えるとよいでしょう。

 

室内ドアは部屋を区切ってプライベート空間をつくる大切な役割を果たしていますが、そのドアをできるだけ省くことも可能です。

ドアがないことで家事動線がラクになったり、風通しのよい空間をつくり部屋を広々と見せる効果もあります。逆に冬場は室内を暖めにくい環境にしてしまうこともあるので、すべてにおいてメリットがあるとは言い切れません。

様々なパターンから室内ドアの必要性について考えてみたいと思います。

 

ドアの代わりに「ストリングカーテン」を使って予算を大幅にカット

ストリングカーテンとは紐カーテンとも呼ばれるもので、視覚的に空間を仕切るのに最適なカーテンです。

手を使わずに出入りすることができるカーテンのため、生活動線の利便性を維持しながら生活空間を間仕切りすることができます。

家事動線にドアがないと移動がとてもラクになりますね。

ドアがないことで開閉スペースも不要になるのもポイントの1つです。

カーテンは様々な種類がありますので、専門店などを巡ってみるのも面白いんじゃないかと思います。

 

ウォークインクローゼットのドアは要検討

ウォークインクローゼットはドアを付けないという方は多くいます。湿気対策としての換気面を考えてもドアの必要性はそこまで高くありません。

しかし、寝室とウォークインクローゼットが繋がっている場合、冬場の寝室を暖めにくくしてしまうこともあるのでよく検討してみると良いでしょう。

他にもニオイが気になるという方もいるようですが、ウォークインクローゼットには換気口(排気口)がついているため、ドアがあっても無くてもそこまでニオイは気になりません。

 

ドアがないことで開放的なスペースを

ドアを作らないで部屋を広く見せる方法は、狭小住宅やマンションなどでよく取り入れられるテクニックの1つですが、室内ドアを作らないことで費用の削減はもちろん、採光が入る明るい部屋を作ることができます。

また、各部屋が独立していないために回遊できる動線を作ることができるのもポイントです。

とは言え、室内ドアがないことはメリットだけではありません。

 

デメリットは冬の防寒対策

ドアがないことで他の部屋から冷たい空気が入り込むため、冬場は寒いと感じるのがドアなしのデメリットです。

暖かい空気は上へ上へと逃げようとするので「吹き抜け階段」ほど寒くないですが、基本的にはドアがしっかりと閉まっている部屋の暖かさとは違う感覚があります。

防寒対策としては全館空調システムなどを取り入れたり、断熱性能の高い家にするなど家全体の構造をしっかりと作ることが大切です。

 

さいごに

ということで、室内ドアの必要性について紹介しましたが、費用削減のポイントが見えてきましたでしょうか。

ドアを省くことで費用を削減し、開放的な空間、自由な家事動線をつくることができますが、その一方で冬場の寒さ対策という問題があるのが室内ドアの必要性を考えるポイントです。

家づくりというのは設計次第で暮らし方が大きく変わるので、様々な住宅メーカーにプランを作って比較することが大切です。

ドアを1枚削減するだけで約5万円のコストダウン。”たったの5万円”と感じるかもしれませんが、塵も積もれば山となるのが注文住宅の費用です。

費用削減を考えている方はぜひ見直してみてください!

 


[相見積もりができる!]理想のパートナーを見つけるなら

希望の予算をもとに、効率的に住宅メーカーを見つけるためには『複数社から同一価格で見積りを提案してもらう』のがベストです。

そう、相見積もりです。

すでに注文住宅を買った多くの方は相見積もりを行っており、他社のプランと比較した中で自分の理想の家を立てています。

限りある予算内で作れるプランを複数社に提案してもらい、その中からベストなプランを提案してくれるメーカーを選ぶのが最も効率的です。

最良のパートナーを探すためには、まず予算内で家づくりができるかどうかの判断をしなければなりません。

 

そこで注目すべきがタウンライフというサービスです。

  • 間取りプラン
  • 見積り書
  • 土地プラン

これら注文住宅ならではの「オリジナルな家づくり計画書」を、一括で複数社のハウスメーカー・工務店から提案してもらえます。

全国600社以上、うち大手22社のハウスメーカーが含まれており、希望エリアに対応した工務店まで見つけられのもポイントです。

 

こんなプランがもらえた

これらの複数の間取り図から、気に入った組み合わせて"いいとこ取り”ができるのがポイント。

このようなサービスを受けられるのはタウンライフのみとなっているようです。

 

公式サイト → タウンライフ公式サイト 期間限定キャンペーン中

 

「タウンライフ家づくり」の申し込みは3分で完了

間取り図作成依頼の手順は3ステップで完了です。

step
1
「家づくり計画書作成依頼スタート」をクリック

希望エリアの都道府県、市区町村をクリックして依頼スタートです

step
2
必要な情報の記入

分かる範囲で大丈夫です。

敷地図などをお持ちの方は、その画像を添付しましょう。(スマホで撮影したものでOK)

詳細な情報があれば、より綿密なプランを提案してもらえます。

step
3
住宅メーカーを選択

地域に対応した住宅メーカーが出るので希望のメーカーを選びましょう。

沢山の間取り図が欲しい!という方は「まとめて選択」を選ぶのがおすすめです。

これで完了!「オリジナル家づくり計画書作成を依頼する」ボタンを押すだけ。

 

公式サイト → タウンライフ公式サイト 期間限定キャンペーン中

 

タウンライフを利用しておくべきメリットは、見積もりや間取り図が貰えるだけではありません。

  • 知らなかった住宅メーカーや工務店に出会える
  • 見積り書がもらえるので費用の中身が見える
  • 各社の違いが一度に比較できる
  • 一社一社に直接出向いて打ち合わせをしなくて良い
  • 営業マンの売り込みを避けられる
  • 各社の間取りプランのいいとこ取りもできる

と、今後の家づくりにおいて良い影響を受けることが多々あります。

 

期間限定プレゼント「成功する家づくり7つの法則」がもらえる

1級建築士が作成した家づくりに欠かせないポイントが分かりやすくまとめられた冊子です。

  • 家づくりの考え方
  • 間取り・エクステリアの作り方
  • デザインの考え方
  • 風水や法律知識

などをシンプルに凝縮した内容となっています。

この冊子を読みながら、ご自宅に届く複数社からの間取り図を見比べてみると、家づくりの考え方が大きく変わるかもしません。

 

▼ 公式サイト ▼

タウンライフ家づくり

 

 

 

理想的な間取りを手に入れよう!

住宅メーカー複数社にオリジナルの間取り・設計図・見積もりプランを一括依頼!

複数の住宅メーカーから「間取り・設計図・見積もり」を無料で一括オーダーでき、約5分で依頼は完了。
注文住宅を検討する中で、プランや予算でお困りの方は“相見積もり”を活用することで大幅な金額ダウンも見込めます。数多くの設計図や見積もりを比較するならタウンライフ家づくりが最もオススメです。

-住宅設計のこと

Copyright© 注文HOUSE , 2020 All Rights Reserved.