注文住宅│お金で失敗しない家づくり

費用削減のコツを徹底解説!

住宅コラム

4月の入学式までに入居したい!注文住宅はいつまでに着工しないといけない?

更新日:

家の購入を決意したら、次はいつ家を建てていつ引っ越すのか?というスケジュールが気になると思います。

そのためには、そもそも家を建てるのはどれくらいの期間が必要なのか?ということが分かればスケジュールが組めると思います。

特にお子様がいるご家庭の場合、引っ越しのタイミングを誤ってしまうと保育園、幼稚園、小学校などで「転園・転校」という問題が起こってしまうので、家の完成日(引き渡し日)を「3月」に設定するケースが多いのが現実です。

4月の入園/入学に上手く合わせて3月に引っ越すことができれば、転校せずに引っ越しをすることができますからね。

そこで3月に家の引き渡しをするためにはどのようなスケジュールを組んだほうが良いのか?についた解説したいと思います。

 

注文住宅の工事スケジュール

工事に入るためには家の設計図を決める「打ち合わせ期間」があります。

  1. ハウスメーカー・工務店を決める(目安)
    →3〜10ヶ月
  2. 契約後、設計図が完成するまでの打ち合わせ期間
    →3〜6ヶ月
  3. 工事期間(※工法や大きさによって変わる)
    →3~10ヶ月

打ち合わせ期間は人によって大きく異なり、設計にこだわればこだわるほど期間は長くなると考えて下さい。

住宅メーカー選びに1年以上かける人もいるので期間は一概に何とも言えませんが、上記のスケジュールを見ても分かる通り、住宅の打ち合わせを始めてから最短でも1年近くかかることがお分かりだと思います。

春からハウスメーカー探しを始めて、翌年の3月中に引っ越しするというのは現実的な話ではないということですね。

 

施工期間は各社の工法によって大きく変わるので注意しよう!

家の工事を行う期間は施工方法によって大きく異なります。さらに、家の規模・土地条件・工事の進め方によっても変わってくるので注意が必要です。

【工法による施工期間の違い】

  • 木造在来工法の場合
    →約3〜6ヶ月
  • 木造2×4工法の場合
    →約3〜6ヶ月
  • 鉄筋工法の場合
    →約4〜7ヶ月
  • 鉄筋ユニット工法の場合
    →約3~5ヶ月

ではこれらを踏まえて「3月中に入居する」ためにはどのような手順を踏めが良いでしょうか。

 

3月中に入居するためにするべきこと

結論から言ってしまうと、購入を検討しているならなるべく早めにアクションを起こしておき「3月中に入居する」ということ事前に伝えておく、ということが一番大事になります。

 ″早めにアクションを起こしておく″ ということが本当に重要です。

人気の工務店などでは、打ち合わせに入るまでに待機しなくてはならないこともあるので、3月中という入居期間の希望があるならば、早めに打ち合わせを始めたほうが有利です。

翌年の3月入居を希望して、3月に問い合わせを始めるのでは遅いと考えたほうがよいでしょう。少なくとも1年半くらいは余裕を持っておいた方が、住宅メーカー探しから無理のない打ち合わせスケジュールなどが組めるハズです。

 

まとめ:4月の入学式に合わせて、3月中に入居するためにする行動

  • なるべく早くから行動し、住宅メーカーや工務店にアクションしておく
  • 特に人気工務店の場合は早めに行動しておくこと
  • あらかじめ営業マンに伝えておく
  • おおむね1年半くらい余裕を持っておけば大丈夫

 

理想的な注文住宅を建てるために

【注文住宅の設計図】無料で複数社に一括オーダーできる

複数社のハウスメーカーから「間取り・設計図」「資金計画」を提案してもらえます。無料で利用できる「タウンライフ家づくり」は、多くのユーザーから高評価を受けている注目のサイトです。約3分で完了できるのでこの機会をお見逃しなく!  

-住宅コラム

Copyright© 注文住宅│お金で失敗しない家づくり , 2018 All Rights Reserved.